隈研吾と三浦展の書籍『三低主義』
サムネイル:隈研吾と三浦展の書籍『三低主義』

0.56 隈研吾と三浦展の書籍『三低主義』

隈研吾と三浦展の書籍『三低主義』がamazonで発売されています

隈研吾と三浦展の書籍『三低主義』がamazonで発売されています。

世界の第一線に立つ建築家と消費社会研究の第一人者による、都市、建築、住宅、消費社会をめぐる対談。経済はリフレ、政権は交代、「進歩」「近代」「未来」といった価値観が揺らいだ現代日本。いま私たちはどのようなライフスタイルを選択すべきだろうか?キーワードは「三低」(低価格・低姿勢・低依存)である。この数年、都市の生活文化が変わった。大規模な再開発が進む一方、若者の間では下町志向が増えている。ヒルズ流の「三高」(高価格・高姿勢・高依存)と、下町流の「三低」(低価格・低姿勢[かわいい]・低依存[エコ])――この二極化が、現代日本の都市の現状である。本書は、この「三低」という視点から都市と消費社会の現在を分析し、新しい都市、建築、住宅のありかたと日本社会のあるべき姿を考える。21世紀の都市は「三低」だ!

三低主義
4757142390

オスカー・ニーマイヤーによるラベッロのオーディトリアム 2010年上海万博の各パヴィリオンの新しい現場写真 岡田公彦による”九十九里の家” Carmody Groarkeによる”リージェンツ・プレイス・パヴィリオン”

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。