特集”ミラー&マランタ”、クイントゥス・ミラーによるエッセイ”設計手法について”
サムネイル:特集

548.27 特集”ミラー&マランタ”、クイントゥス・ミラーによるエッセイ”設計手法について”

clouds-of-thought2.jpg

設計手法について

text by クイントゥス・ミラー(ミラー&マランタ)

建築とは、人々の心の中に感覚・気分を換起するものである。したがって建築家に課せられた課題とは、そうした感覚・気分をより厳密化することである。住まう部屋であれば居心地よく、家であれば住み心地よいような外観をしていなければならない。裁判所の建物は、隠れた犯罪に対して威圧的な表情をもっていなければならない。銀行の建物は街の人々にこう語りかけなければならない。「ここにお前の金が、誠実な者達の手のもとに、しっかりと大切に保管されているのだ」と。
建築家こうしたことを実現し得るためには、今まで人々の心の中にそうした感覚・気分を喚起してきた建物を参照しなければならない。中国人の場合では、悲しみを表わす色は白であり、我々の場合は黒である。だから建築家が 黒色でもって愉しい気分をつくりだそうとしても、 それは無理な話である。

アドルフ・ロース(「建築について」/『装飾と犯罪』中央公論美術出版/伊藤哲夫訳より)

建築を設計するためには、様々な要素を含む知的なプロセスが必要であり、それが建物が作られていく中でいろいろな角度から人間の文化を描き出して、風景の中で人間の文化の移り変わりの成果を表している。具体的に建てることによって、日々の生活の要求に答えていく。
このような現象は、人間が屋根をかけて寝床を雨風から守るということにまでさかのぼることができる。生活していく上での必要不可欠な条件とこの起源とをふまえながら、住宅は作られる。そこから住宅が集まって、調和を保ちながら互いに共通な要素を取り入れて集落を作りあげる。それらが一緒になって、常に社会の成り立ちを投影している。最終的に、さまざまな集落が結びつけられていくことで、建物だけでなくすべての人工物が一体となって人間の文化的な要素を表していくのである。

ミラーレス-タグリアブエ(EMBT)による上海万博スペイン館 チョ・ビョンスによるソウルの地中の家

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。