石上純也の展覧会”建築のあたらしい大きさ”が豊田市美術館で開催[2010/9/18-12/26]

0.15 石上純也の展覧会”建築のあたらしい大きさ”が豊田市美術館で開催[2010/9/18-12/26]

石上純也の展覧会”建築のあたらしい大きさ”が豊田市美術館で開催されます

石上純也の展覧会”建築のあたらしい大きさ”が豊田市美術館で開催されます。開催期間は2010年9月18日~12月26日。リンク先に展覧会の概要が掲載されています。

石上純也(1974年生まれ)が、谷口吉生設計による美術館で、5種類の模型を中心とした展覧会を計画しています。展示されるそれぞれの模型は、単なる模型であることを超えて、その場所に具体的な空間をかたちづくる建築でもあります。それらの模型を通して私たちは、今ある現実の世界と、その模型から垣間見えるこれから出現してくるかもしれない世界とを重ね合わせます。そうするとそこには、いままで体験したことのない透明さ、軽やかさ、繊細さ、あいまいさが新しい抽象性とともに現れてきます。そして私たちは、極大と極小の両極に同時に向かう無限の空間の広がりを把握する手段を見出すのです。

妹島和世のインタビュー”コミュニケーション、環境、感覚的空間”

0.15 妹島和世のインタビュー”コミュニケーション、環境、感覚的空間”

妹島和世のインタビュー”コミュニケーション、環境、感覚的空間”がARTiTに掲載されています

妹島和世のインタビュー”コミュニケーション、環境、感覚的空間”がARTiTに掲載されています。ヴェネチアビエンナーレ国際建築展のディレクションについて聞いています。

西沢立衛のインタビュー”社会、ランドスケープ、時代が生み出す建物” 石上純也のインタビュー”拡張する透明性”

0.85 石上純也のインタビュー”拡張する透明性”

石上純也のインタビュー”拡張する透明性”がARTiTに掲載されています

石上純也のインタビュー”拡張する透明性”がARTiTに掲載されています。ヴェネチア・ビエンナーレでの作品などについて聞いています。ビエンナーレや資生堂での展示の写真なども7枚掲載。

武井誠+鍋島千恵/TNAによる”区の家”

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。