シュタインメッツ・ド・メイエールによる住宅の増築”maison prijot”
assistant展”すなわち、言いかえれば”が京都のradlab.で開催[2010/12/10-1/16]

0.12 assistant展”すなわち、言いかえれば”が京都のradlab.で開催[2010/12/10-1/16]

assistant展”すなわち、言いかえれば”が京都のradlab.で開催されます

松原慈と有山宙による建築家ユニットassistantの展覧会”すなわち、言いかえれば”が京都のradlab.で開催されます。開催期間は2010年12月10日~1月16日です。

松原慈と有山宙を中心に2002年に設立された建築ユニットassistantは、建築、美術、デザイン、webなど様々な領域にわたり思索的な実践を繰り広げています。これまで、日本科学未来館やDesignTide、ヨーロッパ各国の美術展やデザイン展での空間設計に加え、森美術館、青森県立美術館など各地の美術機関にて建築をテーマにしたワークショップを手がけ、2010年には若手建築家の登竜門であるSDレビューに入選しました。本展ではassistant設立から約10年間の活動の総体を浮かび上がらせ、彼らの実践を支えている思考の在処を探ります。すなわち、言いかえると、assistantの「回顧展」

堀部安嗣による屋久島のアウトドアショップ”屋久島メッセンジャー”

6.09 堀部安嗣による屋久島のアウトドアショップ”屋久島メッセンジャー”

堀部安嗣による屋久島のアウトドアショップ”屋久島メッセンジャー”の写真がショップの公式サイトに掲載されています

堀部安嗣が設計した屋久島のアウトドアショップ”屋久島メッセンジャー”の写真が7枚、ショップの公式サイトに掲載されています。情報ソースはこちら。

住宅特集、最新号(2010年12月号)
サムネイル:住宅特集、最新号(2010年12月号)

0.15 住宅特集、最新号(2010年12月号)

住宅特集の最新号(2010年12月号)の概要がshinkenchiku.netに掲載されています

住宅特集の最新号(2010年12月号)の概要がshinkenchiku.netに掲載されています。特集”住宅の佇まい”と”たたずまいの成長”です。掲載作品は、堀部安嗣建築設計事務所による”大美野の家”、山口誠デザインによる”秋山のカフェ/住居”、新関謙一郎による”NGT”などが掲載されています。掲載作品のプレビュー画像付き。

新建築 住宅特集 2010年 12月号 [雑誌]
B0049V4MO6

大西麻貴インタビュー(いま、世界が注目するニッポンの女性建築家たち) 石上純也やスミルハン・ラディック、RCRなどが出展しているTOTOギャラリー間で始まった”GLOBAL ENDS”展の会場写真

0.12 石上純也やスミルハン・ラディック、RCRなどが出展しているTOTOギャラリー間で始まった”GLOBAL ENDS”展の会場写真

石上純也やスミルハン・ラディック、RCRなどが出展しているTOTOギャラリー間で始まった”GLOBAL ENDS”展の会場写真がjapan-architects.comブログに掲載されています

石上純也やスミルハン・ラディック、RCRなどが出展しているTOTOギャラリー間で始まった”GLOBAL ENDS“展の会場写真が26枚、japan-architects.comブログに掲載されています。出展者は、石上純也、RCR、スミルハン・ラディック、ケリー・ヒルショーン・ゴッドセル、パウロ・ダヴィッド、トム・クンディグです。

エリック・ファン・エゲラートらによる”Monolith”

0.62 エリック・ファン・エゲラートらによる”Monolith”

エリック・ファン・エゲラートらによる”Monolith”の写真がdezeenに掲載されています

エリック・ファン・エゲラートらが設計したフランス・リヨンのビル”Monolith”の写真が5枚、dezeenに掲載されています。ヴィニ―・マースなどを含む5組の建築家が、ひとつの建物のファサードを5分割してデザインしています。ここで紹介されているのはエリック・ファン・エゲラートが担当した部分。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。