淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新「西田司氏の飛込まれ仕事を披露する」

0.00 淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新「西田司氏の飛込まれ仕事を披露する」

淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新「西田司氏の飛込まれ仕事を披露する」が公開されています

淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新「西田司氏の飛込まれ仕事を披露する」が公開されています。オンデザインの西田司のインタビューです。

book『群像としての丹下研究室―戦後日本建築・都市史のメインストリーム』
サムネイル:book『群像としての丹下研究室―戦後日本建築・都市史のメインストリーム』

0.00 book『群像としての丹下研究室―戦後日本建築・都市史のメインストリーム』

書籍『群像としての丹下研究室―戦後日本建築・都市史のメインストリーム』がamazonで発売されています

書籍『群像としての丹下研究室―戦後日本建築・都市史のメインストリーム』がamazonで発売されています。

真の創造はときに無頼ですらある。
――――圧倒的に過ぎるから。
これは、
「天才という名のチーム」の物語。

なぜ、大学の一研究室が国家的プロジェクトを実現できたのか。
戦後日本建築界における国家的プロジャクトを一手に手掛け、磯崎新や槇文彦、黒川紀章など世界的建築家を数多く輩出した東大・丹下健三研究室。

丹下健三研究室が生んだ数々の名作に潜む「<建築>の本義」に迫る。
本書は個人としての天才・丹下健三を語るのみではなく、丹下研究室を「群像」として捉えた異色作である。丹下健三や丹下研究室OBらが行った膨大なリサーチや理論研究を精緻に分析、それらと実作・計画案といかなる緊張関係にあったかを鮮やかに描き出している。

群像としての丹下研究室―戦後日本建築・都市史のメインストリーム―
豊川 斎赫
4274212009

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。