book『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』
サムネイル:book『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』

0.00 book『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』

書籍『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』がamazonで発売されています

書籍『クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう』がamazonで発売されています。

自分の生き方を選びとろう
これからの世界をつくるすべてのクリエイターへ
働き、住み、暮らし、イノベーションを仕掛ける

建築、ものづくり、デザイン、都市計画、アート、地域振興、ビジネスなど、多様な展開を見せる現代の「コミュニティ」は、デザイナー、建築家、社会起業家、キュレーターから行政まで、関わり方も様々。なぜ今とくに、彼らによって盛んにコミュニティは「デザイン」されているのか。実際的な地域/社会の問題はどう解決されているのか。

震災を経て、地域/社会/人とのつながり、多様な住み方や働き方、生き方を、また、ソーシャル・キャピタル、ソーシャル・インクルージョン、サステナビリティをキーワードに現代社会が抱える問題を、コミュニティを通して考える1冊です。

クリエイティブ・コミュニティ・デザイン 関わり、つくり、巻き込もう (Next Creator Book)
成瀬猪熊建築事務所 田北雅裕 服部滋樹 西村勇也 兼松佳宏 アサダワタル 大和田順子 林美香子 下山浩一 いえつく 松場登美 諏訪光洋 マエキタミヤコ 中村陽一 籾山真人 友廣裕一 秋田光彦 鷲尾公子 宮本武典 紫牟田伸子
4845912902

H&deMとアイ・ウェイウェイによるサーペンタイン・パヴィリオンとジャック・ヘルツォークのインタビュー動画OMAの重松象平とミナ・ペルホネンの皆川明による対談「建築とファッション」が開催[2012/6/18]

0.00 OMAの重松象平とミナ・ペルホネンの皆川明による対談「建築とファッション」が開催[2012/6/18]

OMAの重松象平とミナ・ペルホネンの皆川明による対談「建築とファッション」が開催されます

OMAの重松象平とミナ・ペルホネンの皆川明による対談「建築とファッション」が開催されます。開催日は2012年6月18日。要事前予約です。

今回は、世界各国を飛び回って活躍されているOMAの重松象平さんをお招きして、建築の楽しさや可能性についての発想の源をお聞きして、われわれの凝り固まった頭脳に刺激を与えていただこうと思います。そしてもうお一方、われわれの業界とは正反対のファッション業界で、すでに、これからの時代を先取りして、楽しさや希望を失わず、単に自分たちのことだけでなく、自分たちにかかわる人たちすべてが平等にシアワセになれるよう、生きることについて真摯に考え実践している気鋭のファッションデザイナー皆川明さんをお招きいたします。皆川さんは自身のブランドmina perhonen(ミナ・ペルホネン)において、きわめて独創的な洋服を発表されており、このたび開業した東京スカイツリーのユニフォームもデザインされています。
このお二人をうまく誘導し、今までにないシンポジウムの舵取りをしていただけるのが、長く日本とフランスを行き来されている桑田光平さんです。最近、『ロラン・バルト』という本を出版され、副題に「偶発事へのまなざし」とかかれていますが、今回のシンポジウムはまさに偶発事であり、うまく乗り切ってもらえると思っています。建築とファッションと、皆様の身近にある関心事について、これから来るべき時代の指針となるような話が期待されます。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。