「坂 茂 建築の考え方と作り方」展が水戸芸術館で開催[2013/3/2-5/12]

0.00 「坂 茂 建築の考え方と作り方」展が水戸芸術館で開催[2013/3/2-5/12]

坂茂の展覧会「坂 茂 建築の考え方と作り方」展が水戸芸術館で開催されます

坂茂の展覧会「坂 茂 建築の考え方と作り方」展が水戸芸術館で開催されます。会期は、2013年3月2日~5月12日。

建築家・坂茂の創作と活動を包括的に紹介する日本で初めての大規模個展
 本展では、紙管をはじめとする様々な材料や構法を用いることで、住宅から公共施設、そして災害支援に至るまで、多くのプロジェクトを世界各地で進行させる建築家、坂 茂(ばん・しげる)の活動の全貌を紹介します。坂の作品の特徴は、我々が普段、気にもかけずに見過ごしがちなものの中に建築の材料として特性を見出し、それを建築作品として実用化するところにあります。坂はそのキャリアの早い段階から、これらの材料を用いつつ優れたデザインで解決する建築家として、独自の建築手法を展開してきました。例えば、80年代に再生紙でできた「紙管」に着目した坂は、多くの研究と開発を経て「紙の家」や「ハノーバー国際博覧会日本館」を実現させた一方、安価でどこでも入手できるという利点を活かして、「紙のログハウス」「避難所用簡易間仕切り(Paper Partition System)」といった災害支援へと発展させました。また、海上輸送コンテナを利用した「ノマディック・ミュージアム」や、それを多層化させて実現した「コンテナ多層仮設住宅(宮城県女川町)」、街角で見かけた中国製の帽子にヒントを得た「ポンピドゥーセンター・メス」など、その活動は幅広く、国際的に高い評価を受けています。
 本展では、坂の初期作品から代表作「ポンピドゥーセンター・メス」、および進行中のプロジェクトに至るまで、坂茂の仕事を写真、映像、模型、立体展示で辿ります。日本初の試みとなった3階建てのコンテナ仮設住宅の実物大モックアップ(一世帯)を屋外に展示し、坂茂の活動の全貌を俯瞰できる構成を予定しています。

妹島和世による東京都小平市の「市立仲町公民館・仲町図書館」の画像 日埜直彦によるスタジオ・ムンバイのビジョイ・ジェインへのインタビュー「もの を建てる、関係を築く」、その3

0.00 日埜直彦によるスタジオ・ムンバイのビジョイ・ジェインへのインタビュー「もの を建てる、関係を築く」、その3

日埜直彦によるスタジオ・ムンバイのビジョイ・ジェインへのインタビュー「もの を建てる、関係を築く」のその3がARTiTで公開されています

日埜直彦によるスタジオ・ムンバイのビジョイ・ジェインへのインタビュー「もの を建てる、関係を築く」のその3がARTiTで公開されています。

隈研吾事務所にアルゴリズミックデザインについて聞いているレポート記事

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。