ギャラリー間で始まった「中村好文展 小屋においでよ!」の会場写真
ペーター・メルクリが昨年のヴェネチアビエンナーレ国際建築展で行った、ヨゼフソンとジャコメッティの彫刻展の動画

0.00 ペーター・メルクリが昨年のヴェネチアビエンナーレ国際建築展で行った、ヨゼフソンとジャコメッティの彫刻展の動画

ペーター・メルクリが昨年のヴェネチアビエンナーレ国際建築展で行った、ヨゼフソンとジャコメッティの彫刻展の動画です。詳細はこちらに

book『中村好文 小屋から家へ』

0.00 book『中村好文 小屋から家へ』

書籍『中村好文 小屋から家へ』がamazonで発売されています

書籍『中村好文 小屋から家へ』がamazonで発売されています。出版社のウェブサイトに中身のプレビュー画像が掲載されています。

なにもない。すべてがある。
すまいの原点としての「小屋」12作品を紹介

『中村好文 普通の住宅、普通の別荘』(2010年 TOTO出版)の続編となる本書のテーマは「小屋」。「人のすまいの原型は小屋にある」と考える中村氏が手がけてきた極小の小屋から、小屋の面影を宿した小住宅まで12作品を、雨宮秀也氏の撮り下ろしの写真で紹介します。

また、「古今東西 意中の小屋たち」と題して、中村氏が長年魅了され続けてきた「7つの小屋」を巻頭に紹介します。旅好きの建築家としても知られる中村氏が訪ね歩いてきた世界中の小屋から厳選された「ル・コルビュジエの休暇小屋」など実在する小屋から、「鴨長明の方丈」など歴史上の小屋まで、氏が愛してやまない7つの小屋を通して、小屋の魅力を解き明かします。

なにもないからこそすべてがある――小さな小屋に立ち戻ることで浮かび上がってくる「人の暮らしとすまい」に本当に必要なもの、本当の豊かさとは……。30年にわたり首尾一貫して「普段着のように居心地のよい住宅」をつくってきた中村流の「すまいづくり」のエッセンスが、この一冊にぐっと詰まっています。

隈研吾による「歌舞伎座」の写真「段差型目盛三角スケール」がアーキテクチャーフォトブックスに再入荷
サムネイル:「段差型目盛三角スケール」がアーキテクチャーフォトブックスに再入荷

0.00 「段差型目盛三角スケール」がアーキテクチャーフォトブックスに再入荷

hikaku-syasin02.jpg

「段差型目盛三角スケール」がアーキテクチャーフォトブックスに再入荷しています

「段差型目盛三角スケール」がアーキテクチャーフォトブックスに再入荷しています。15cmタイプ・30cmタイプ共に再入荷しています。

一般的な三角スケールでは、目盛は全て同じ高さに統一されています。多くの人はそれが当たり前と思っていると思います。でも、1/200や1/300など小さい縮尺のスケールを使う際に、「これは目盛のどちらをさしているのだろう」と目を細めてみた経験はありませんか?
こちらの、「段差型目盛三角スケール」は、そんな問題を解決するために考案されました。

目盛の高さが階段状に代わっているので、スケールを図面に当てる際や、線を引く際にも、目盛の位置が判別しやすいのです。

シンプルなアイデアですが、実物を手にして頂くと、なるほどと思ってもらえると思います。

設計の仕事に携わっていると、三角スケールを使う事は、毎日、何十回・何百回とあると思います。一回一回は短い時間ですが、積もり積もれば膨大な時間になります。この「段差型目盛三角スケール」を使うことで、仕事の効率化・ストレスの軽減を図る事ができると思います。

また、実務の現場だけでなく、「建築士製図試験」などにも有効かと思います。作業スピードのUPにも貢献できるプロダクトではないでしょうか?

中村竜治が自身が会場構成した「カリフォルニア・デザイン」展について解説しているインタビュー記事

0.00 中村竜治が自身が会場構成した「カリフォルニア・デザイン」展について解説しているインタビュー記事

中村竜治が自身が会場構成した「カリフォルニア・デザイン」展について解説しているインタビュー記事がCINRA.NETに掲載されています

中村竜治が自身が会場構成した「カリフォルニア・デザイン」展について解説しているインタビュー記事がCINRA.NETに掲載されています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。