クリスチャン・ケレツの日本語作品集『クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性』
サムネイル:クリスチャン・ケレツの日本語作品集『クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性』

2.26 クリスチャン・ケレツの日本語作品集『クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性』

クリスチャン・ケレツの日本語作品集『クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性』がamazonで発売されています

クリスチャン・ケレツの日本語作品集『クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性』がamazonで発売されています。

スイス現代建築において最も理論的な建築家の一人クリスチャン・ケレツ。「建築は知的な冒険」とする氏は、プロジェクトごとにルールを設けることで、建築の原理・原則を見出そうとする。日本初の作品集となる本書は、自らブックデザインを手がけ、美しい構成の中に氏の世界観が存分に展開されている。初期代表作から最新プロジェクトまで20作品を一挙紹介。ミステリアスな存在だった建築家の世界がいま開かれる、待望の書。

クリスチャン・ケレツ 不確かな必然性
クリスチャン・ケレツ
4887063342

リンターラ・エゲルトソン・アーキテクツによるノルウェーの橋「Høse Bridge」の写真

1.32 リンターラ・エゲルトソン・アーキテクツによるノルウェーの橋「Høse Bridge」の写真

リンターラ・エゲルトソン・アーキテクツによるノルウェーの橋「Høse Bridge」の写真がarchdailyに掲載されています

リンターラ・エゲルトソン・アーキテクツが設計したノルウェーの橋「Høse Bridge」の写真が30枚、archdailyに掲載されています。

世界で一番細い家として話題になっていたポーランドの住宅の完成写真 スイスのデザイン事務所Atelier oiのパトリック・レイモンドと、グラフックデザイナー・ピエール・ケラーのレクチャーが開催[2013/9/1]

21.29 スイスのデザイン事務所Atelier oiのパトリック・レイモンドと、グラフックデザイナー・ピエール・ケラーのレクチャーが開催[2013/9/1]

スイスのデザイン事務所Atelier oiのパトリック・レイモンドと、グラフックデザイナー・ピエール・ケラーのレクチャーが開催されるそうです

スイスのデザイン事務所Atelier oiのパトリック・レイモンドと、グラフックデザイナー・ピエール・ケラーのレクチャーが開催されるそうです。開催日は2013年9月1日で、要事前申し込み。先着順。日本語通訳付。

スイスの美術大学 ECAL創設メンバーである「ピエール・ケラー」氏と、スイスのデザイン事務所Atelier oI (アトリエオイ)の創設メンバーである「パトリック・レイモンド」氏の緊急来日に伴い、彼らの仕事の一部をお話しして頂ける機会を設けました。

●PIERRE KELLER ピエール・ケラー
スイスの美術大学 ECAL(ローザンヌ美術大学)の創設の一員であり、著名なグラフックデザイナーでもある。
http://www.pierrekeller.ch/

●PATRICK REYMOND パトリック・レイモンド
スイスのデザイン事務所Atelier oi (アトリエオイ)の創設メンバー。
彼らのクライアントは、LOUIS VUITTON、BVLGARI、Swatch、USM、B&B ITALIA など のクライアントを持つ。
http://www.atelier-oi.ch/

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。