坂茂による神奈川・箱根の住宅「仙石原の住宅」の写真

481.53 坂茂による神奈川・箱根の住宅「仙石原の住宅」の写真

坂茂のウェブサイトに神奈川・箱根の住宅「仙石原の住宅」の写真が掲載されています

坂茂のウェブサイトに神奈川・箱根の住宅「仙石原の住宅」の写真が7枚掲載されています。

旗竿敷地に建つ木造2階建ての住宅。敷地に対し、30m角の正方形の建物に直径15mの中庭を配置。その中庭を中心に居 室が配され、玄関 から居室が放射 状に配置しているのが見える。リビングは8枚引き戸を開け放つことにより、 内外部が一体となり、中庭とリビングが一体として使える。柱と梁は木75x350のL字に組まれており、L字が放射状に配置され、大きな一枚の片流れ屋根を構成している。この一枚の大きな屋根は天井高さが2.4~7.45mまで 変化する。

book『プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条』
サムネイル:book『プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条』

133.28 book『プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条』

書籍『プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条』がamazonで発売されています

小野田泰明による書籍『プレ・デザインの思想 建築計画実践の11箇条』がamazonで発売されています。こちらのページに中身の画像や目次などが掲載されています。

建築計画者のトップランナー、小野田泰明。建築家等と協働し、空間の使われ方が高く評価された「せんだいメディアテーク」「横須賀美術館」といった話題の公共建築を世に生み出してきた。また現在は地元、東北地方の震災復興ディレクターとしても活躍する。常に「より良い建築とは何か?」という問いの答えを追求し、刻々と変化する状況の中、日々疾走する小野田氏が、自身の職能について書き下ろした一冊。

実践する建築計画学者が導き出した11のセオリー

本書は、建築計画者である小野田泰明氏の研究と実践から導き出された、“より良い建築空間を実現するための11のセオリー”に基づいて語られる建築計画の指南書であり、また日本では数少ない建築計画者の職能を解説する一冊です。

小野田氏は、建築計画学者として教育、研究に携わる一方、実際のプロジェクトにおいて、建築家やクライアントに請われ、コンサルタントとしてその設計や事業計画へも深く関わってきた、まさに実践する計画学者です。

空間に求められる機能やその在り方を、人が空間を認識しその行動を決定づけるメカニズムや建築計画の歴史、そして国内外の建設事情を交えながら、「せんだいメディアテーク」などの具体的な計画プロセスを例にとり、竣工後に行った調査結果とあわせてわかりやすく解説しています。

誰のための建築なのか?――建築作品と社会をつなぐプレ・デザイナーとして、人間と空間の関係を構築する建築計画実践の意義を問う一冊でもあります。

プレ・デザインの思想 (TOTO建築叢書)
小野田 泰明
4887063350

吉村順三の「三里塚教会」についての展覧会「三里塚教会物語と吉村順三展 -時代を越えて生き続ける小さな木造教会-」が開催

404.78 吉村順三の「三里塚教会」についての展覧会「三里塚教会物語と吉村順三展 -時代を越えて生き続ける小さな木造教会-」が開催

吉村順三の「三里塚教会」についての展覧会「三里塚教会物語と吉村順三展 -時代を越えて生き続ける小さな木造教会-」がギャラリーA4で開催されます

吉村順三が初期に設計した「三里塚教会」についての展覧会「三里塚教会物語と吉村順三展 -時代を越えて生き続ける小さな木造教会-」がギャラリーA4で開催されます。開催期間は2013年11月1日~2014年1月23日。

松島潤平・家成俊勝・垣内光司の建築レクチャー「建築を深めること/建築を広げること」が浜松で開催[2013/10/11]

531.67 松島潤平・家成俊勝・垣内光司の建築レクチャー「建築を深めること/建築を広げること」が浜松で開催[2013/10/11]

松島潤平・家成俊勝・垣内光司の建築レクチャー「建築を深めること/建築を広げること」が浜松で開催されます

松島潤平家成俊勝垣内光司の建築レクチャー「建築を深めること/建築を広げること」が浜松で開催されます。開催日は、2013年10月11日で、要事前申し込み。主催はアンテナ

現代の専門性を考える時、その先駆者の多くが専門性の垣根を超え、分野をまたぎ、その専門性を超えるような活動をしていることが目立っています。アーティストがまちづくりに携わり、建築家がプロダクトを作り、ファッションデザイナーがグラフィックデザインに参入する、というように。

そうした活動はその専門性を開くだけではなくて、逆説的にその分野でしかできないことをあぶり出すような状況を作っています。RE06では、現代の専門性を実感するべく、その領域を「広げること」と「深めること」の双方の意義とその関係性に着目し、建築、アート、ファッション、プロダクト、ゲーム、ウェブのそれぞれの分野で活躍する講師を招き、ワークショップとレクチャーシリーズを運営していきます。

※それぞれのレクチャーは各回事前予約制(当日参加も可能)となっております。お申し込みはinfo@untenor.comまで、氏名、所属、連絡先、ご希望の講座を明記の上、ご連絡ください。

KUUによる上海のオフィス「FUTOWN OFFICE」

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。