クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の新しい写真

426.98 クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の新しい写真

クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の新しい写真がfashion-headlineに掲載されています

クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の新しい写真がfashion-headlineに掲載されています。施設の概要なども掲載されています。

book『かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか』
サムネイル:book『かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか』

940.31 book『かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか』

書籍『かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか』がamazonで発売されています

書籍『かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか』がamazonで発売されています。リンク先には詳細な目次も掲載されています。

我々が住む世界に関心を持とうとするすべての人へ

本書は、「かたち」について多分野(機械学、構造・材質分野の学問、地質学、生物学、人類学、古生物学、形態学など)を横断する内容となり、
専門的な知識がなくても理解できるようまとめられています。各専門分野においては標準的な知識ですが、かたちについて総合的に理解することができます。
かたちについて理解することは、幅広い知識や深い理解が必要とされる現代において、視野を広く持つことにもつながります。
そのため、学生、デザイナー、建築家、設計士にとっては、作品づくりや仕事のために非常に有益であり、
一般読者にとっては著者が描いた細密で美しいイラストと共に、魅力的なテーマへ導く入門書として、必読の一冊となるでしょう。

かたちの理由-自然のもの、人工のもの。何がかたちを決め、変えるのか
クリストファー・ウィリアムズ 小竹由加里
4861009464

NHKクローズアップ現代の特集「“建設残土”が家を襲う」の全内容テキスト 丹下健三の香川県庁舎の耐震方法は、内外観が変わらない免震改修に

2,239.74 丹下健三の香川県庁舎の耐震方法は、内外観が変わらない免震改修に

丹下健三の香川県庁舎の耐震方法は、内外観が変わらない免震改修になるそうです

丹下健三の香川県庁舎の耐震方法は、内外観が変わらない免震改修になるそうです。産経新聞が詳細を伝えています。香川県庁舎の耐震補強については、建て替えも含めた幾つかの案が検討されていました。

old book『住宅特集2004年 11冊セット』 クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の写真

507.01 クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の写真

クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の写真が野良犬のケンチク彷徨記に掲載されています

クライン・ダイサム・アーキテクツによる、湘南・藤沢にオープンする蔦屋書店などが入っている商業施設「湘南T-SITE」の写真が16枚、野良犬のケンチク彷徨記に掲載されています。

村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所による、アーティスト・山本桂輔のアトリエ+住宅「ペインターハウス」の写真

725.99 村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所による、アーティスト・山本桂輔のアトリエ+住宅「ペインターハウス」の写真

村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所による、アーティスト・山本桂輔のアトリエ+住宅「ペインターハウス」の写真がjapan-architects.comに掲載されています

村山徹+加藤亜矢子 / ムトカ建築事務所が設計した、アーティスト・山本桂輔のアトリエ+住宅「ペインターハウス」の写真が22枚、japan-architects.comに掲載されています。

宮城島崇人建築設計事務所によるテーブルとベンチ「Moku-dai 001」
サムネイル:宮城島崇人建築設計事務所によるテーブルとベンチ「Moku-dai 001」

1,651.51 宮城島崇人建築設計事務所によるテーブルとベンチ「Moku-dai 001」

mokudai00

mokudai001
all photos©瀧原界

宮城島崇人建築設計事務所によるテーブルとベンチ「Moku-dai 001」です。

若い夫婦のために設計したテーブルとベンチ。
仕事がら転勤が多いので、家を住み替えても変わらないよりどころがほしい。それは、仮暮らしの家のなかに求められた小さな建築と呼べるかもしれない。

生活の中心にあって飽きがこないように、そして色々な使い方が想像できる余地を残すように、できるだけ抽象的な状態を目指した結果、「スチールのうえにただ木を並べただけの台」となった。”Moku-dai”たる所以である。
住む家や季節によって床座か椅子座のライフスタイルを選択できるように、スチールの脚の組み合わせ方によって、たかい台とひくい台、二通りの高さを選ぶことができるようにした。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。