青木淳と三嶋りつ惠の展覧会「光のあいだ」の会場写真

9.15 青木淳と三嶋りつ惠の展覧会「光のあいだ」の会場写真

青木淳と三嶋りつ惠の展覧会「光のあいだ」の会場写真がjikuに掲載されています

青木淳と三嶋りつ惠の展覧会「光のあいだ」の会場写真がjikuに掲載されています。青木がこの空間の為にデザインした照明やスツールの写真も見る事ができます。
以下は展覧会公式の概要。

今展覧会はある種困難な空間・設定条件からユニークなギャラリースペースを創出した建築家と、ヴェニス・ムラノ島にてその空間を想いながら作品を制作したアーティストによるコラボレーションの展覧会ですが、その空間を最大限に生かすべくデザインされた青木淳の照明・家具と、ヴェネツィアングラス作家としては珍しく、色を使わないガラスによって周囲のものと自在に拮抗したり融合したりする三嶋りつ惠の作品とによって、建築と美術が浸透し合う類稀なる空間が出現する場にどうぞお立ち会い下さい。

なお、ギャラリーのオープンは土日ですが、ウィークデイも隣のカフェSUNDAYの営業時間に合わせてライトアップしていますので、ガラス越しにご覧頂くことが出来ます。(ただし第一水曜日休み、その他の水曜日は18時まで)

カルレス・エンリッチによる、スペインのギロネラ歴史センターの為に作られた、周辺環境に配慮した外部エレベーターの写真など

4.85 カルレス・エンリッチによる、スペインのギロネラ歴史センターの為に作られた、周辺環境に配慮した外部エレベーターの写真など

カルレス・エンリッチによる、スペインのギロネラ歴史センターの為に作られた、周辺環境に配慮した外部エレベーターの写真などがarchdailyに掲載されています

カルレス・エンリッチ(Carles Enrich)が設計を手掛けた、スペインのギロネラ歴史センターの為に作られた、周辺環境に配慮した外部エレベーターの写真などが35枚、archdailyに掲載されています。

丹下健三の草月会館の中に移転した、nendoのオフィスとカフェの写真 SOMのシカゴ本社オフィスを、designboomがレポートした記事 アイ・ウェイウェイが手掛けた、鉄筋をモチーフにデザインした、ジュエリーコレクションの写真

7.06 アイ・ウェイウェイが手掛けた、鉄筋をモチーフにデザインした、ジュエリーコレクションの写真

アイ・ウェイウェイが手掛けた、鉄筋をモチーフにデザインした、ジュエリーコレクションの写真がdezeenに掲載されています

中国人アーティストのアイ・ウェイウェイが手掛けた、鉄筋をモチーフにデザインした、ジュエリーコレクションの写真がdezeenに掲載されています。自身が初めて手掛けたジュエリーだそうです。
アイ・ウェイウェイはアート作品だけでなく、fake designという事務所名義で建築も数多く手がけた経験があります。

ジェームス・タレルとシュミット・ハマー・ラッセンがコラボして、デンマークのアロス・オースフ美術館を増築

2.94 ジェームス・タレルとシュミット・ハマー・ラッセンがコラボして、デンマークのアロス・オースフ美術館を増築

ジェームス・タレルとシュミット・ハマー・ラッセンがコラボして、デンマークのアロス・オースフ美術館を増築するそうです

アーティストのジェームス・タレルとシュミット・ハマー・ラッセンがコラボして、デンマークのアロス・オースフ美術館を増築するそうです。リンク先に計画案の模型や図面などの画像が掲載されています。

[ap job 更新] 佐久間徹設計事務所が、設計スタッフを募集中
サムネイル:[ap job 更新] 佐久間徹設計事務所が、設計スタッフを募集中

ap job [ap job 更新] 佐久間徹設計事務所が、設計スタッフを募集中

job-468px-mijikai

sakumasama001

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

佐久間徹設計事務所の設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードのページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

佐久間徹設計事務所は、吉祥寺に事務所を構える建築設計事務所です。
個人住宅を中心に、集合住宅、福祉施設、事務所ビルの設計監理、店舗デザインなどの活動しています。

現在5名の正スタッフに働いていただいておりますが、将来的な事務所の発展を見据え、中長期的に腰を据えて働きたいと考える方を若干名募集します。

A.フレッシュな方(新卒など):若干名
B.経験者(設計事務所勤務など):若干名

所長を含め4名は既婚者、3名は小さな子供を育てています。
日々、忙しく仕事をしてはおりますが、家族のことも大切にしよう!という風潮があり、チームワークも良いと思います。

ビジネスという視点で設計や建築について学ぶことができる書籍『施設参謀』
サムネイル:ビジネスという視点で設計や建築について学ぶことができる書籍『施設参謀』

8.94 ビジネスという視点で設計や建築について学ぶことができる書籍『施設参謀』

ビジネスという視点で設計や建築について学ぶことができる書籍『施設参謀』がamazonで発売されています

ビジネスという視点で設計や建築について学ぶことができる書籍『施設参謀』がamazonで発売されています。「クライアントが建築を建てる際に何を求めているのか」「ビジネスという視点において建築が担う事ができる役割について」「設計業務の周辺でどのような配慮がなされるべきか」が、詳細な実例と共に分かりやすく記されています。
こちらでこの書籍のフロントストーリーを読む事ができます(PDF)
また、2015年11月30日まで、書籍の目撃情報をツイートすると、抽選で書籍が貰えるキャンペーンも開催しています。詳細は特設ページで

経営コンサルタントでもない、設計者や施工者でもない。新しい仕事が生まれています。 2014年6月に公共工事の品質確保の促進に関する法律が改正され、公共工事にデザインビルド方式やECI方式をはじめとする「多様な発注方式」が導入されることになりました。 民間の大規模プロジェクトではさらに先を行き、発注方式や設計や施工の枠を超えた職能のあり方が大きく変わりはじめています。 事業戦略と建設プロジェクトをつなぐ役割を発注者は求めていますが、そうした役割を建設プロジェクトの関係者全体にも求めているように感じます。 日本の建設業界にマネジメントという考え方が導入されて20年、発注者から本当に信頼されるパートナーとなるために、山下ピー・エム・コンサルタンツが試行錯誤してきたエッセンスを本書に惜しむことなく書き記しました。 本書をぜひ手にとり、明日の業務を打開する手引きとしていただければと思います。

もし、あなたが建築技術者や建築学生なら…

・クライアントから信頼されるスキルを獲得したいなら
・建設業界の最新動向を知る手がかりとしたいなら
・プロジェクトマネジメントやコンストラクションマネジメント業務の実例を知りたいのなら
・建築の専門性を活かせる、
・有望な就職先・転職先を知りたいのなら
・建築・建設業界の明るい未来を見たいなら

施設参謀―――建設リスクを経営資源に変えるコンサルティング
川原 秀仁
4478039429

中村拓志 / NAP建築設計事務所による、広島県尾道市の「Ribbon Chapel」のハイクオリティな動画

20.74 中村拓志 / NAP建築設計事務所による、広島県尾道市の「Ribbon Chapel」のハイクオリティな動画

中村拓志 / NAP建築設計事務所が設計した、広島県尾道市の「Ribbon Chapel」のハイクオリティな動画です。制作したのはヴィンセント・ヘクト。アーキテクチャーフォトでは、過去にもヴィンセントの制作した動画を多数紹介しています。過去にこの建築を特集記事として掲載したページはこちら

ファッション誌STREET・FRUiTS編集長 青木正一へのインタビュー「ファッションはタダと戦っている?」

2.53 ファッション誌STREET・FRUiTS編集長 青木正一へのインタビュー「ファッションはタダと戦っている?」

ファッション誌STREET・FRUiTS編集長 青木正一へのインタビュー「ファッションはタダと戦っている?」がSTYLER MAGに掲載されています

ファッション誌STREET・FRUiTS編集長 青木正一へのインタビュー「ファッションはタダと戦っている?」がSTYLER MAGに掲載されています。

長坂常 / スキーマ建築計画の設計で、中川政七商店が表参道に路面店を出店

24.65 長坂常 / スキーマ建築計画の設計で、中川政七商店が表参道に路面店を出店

長坂常 / スキーマ建築計画の設計で、中川政七商店が表参道に路面店を出店するそうです

長坂常 / スキーマ建築計画の設計で、中川政七商店が表参道に路面店を出店するそうです。中川政七商店は、伝統産業を現代的にアレンジした雑貨の販売等で知られている企業です。現社長の中川淳は、エイトブランディングデザインの西澤明洋と共に、ブランドデザインの書籍を出版していたりとデザインビジネスの分野でも注目されている人物です。(興味のある方はこちらの動画がオススメです。)また、建築業界的には、奈良にある本社社屋とその増築棟を、吉村靖孝が手掛けている事でも知られていると思います。

林昌二が設計した「長野県信濃美術館」が建替えられる事に。新施設の設計はプロポーザルも。

29.26 林昌二が設計した「長野県信濃美術館」が建替えられる事に。新施設の設計はプロポーザルも。

林昌二が設計した「長野県信濃美術館」が建替えられる事になったようです

日建設計にて活躍した林昌二が設計した「長野県信濃美術館」が建替えられる事になったようです。新施設の設計はプロポーザルも検討されているようです。建設通信新聞が伝えています。
長野県信濃美術館の写真はこちらで。同建物は谷口吉生が設計した「東山魁夷館」に隣接・接続して建っています。

成瀬友梨・猪熊純が、美大生と「空間をシェアする本当の意味」について話している座談会

5.53 成瀬友梨・猪熊純が、美大生と「空間をシェアする本当の意味」について話している座談会

成瀬友梨・猪熊純が、美大生と「空間をシェアする本当の意味」について話している座談会の内容がpartner-webに掲載されています

成瀬友梨と猪熊純が、美大生と「空間をシェアする本当の意味」について話している座談会の内容がpartner-webに掲載されています。

石上純也とクリスチャン・ケレツを特集する、エル・クロッキー最新号(182号)のプレビュー画像

22.65 石上純也とクリスチャン・ケレツを特集する、エル・クロッキー最新号(182号)のプレビュー画像

石上純也とクリスチャン・ケレツを特集する、エル・クロッキー最新号(182号)のプレビュー画像が出版社のサイトに掲載されています

石上純也とクリスチャン・ケレツを特集する、エル・クロッキー最新号(182号)のプレビュー画像が28枚、出版社のサイトに掲載されています。

[ap job 更新] kurosawa kawara-tenが、スタッフを募集中
サムネイル:[ap job 更新] kurosawa kawara-tenが、スタッフを募集中

ap job [ap job 更新] kurosawa kawara-tenが、スタッフを募集中

job-468px-mijikai

kurosawasama01

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

kurosawa kawara-tenのスタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードのページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

個人住宅、店舗を中心にした建築設計施工、
プロダクトデザイン、ブランディング提案などをデザイン事務所と協働したりもします。
郊外にある小さな事務所ですが、建築から地域や都市の新しい姿を作っていると思って活動をしています。
常に新しい提案を考え出して形にすることができる人を募集しています。

webページ:http://kurosawakawaraten.com/

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。