アーティストやデザイナーを法的観点からサポートしている弁護士・水野祐のレクチャーのレポート

4.50 アーティストやデザイナーを法的観点からサポートしている弁護士・水野祐のレクチャーのレポート

アーティストやデザイナーを法的観点からサポートしている弁護士・水野祐のレクチャー「建築/コンピュテーショナルデザイン/法」のレポートがnoizear.comに掲載されています

アーティストやデザイナーを法的観点からサポートしている弁護士・水野祐のレクチャー「建築/コンピュテーショナルデザイン/法」のレポートがnoizear.comに掲載されています。テクノロジーが発展している現代社会における著作権などについてのトピックや判例の紹介や、今後問題になる可能性のあるトピックなどが語られた模様です。

駒田建築設計事務所による、東京都世田谷区の集合住宅「FORME SETAGAYA」の写真

12.15 駒田建築設計事務所による、東京都世田谷区の集合住宅「FORME SETAGAYA」の写真

駒田建築設計事務所のサイトに、東京都世田谷区の集合住宅「FORME SETAGAYA」の写真が掲載されています

駒田建築設計事務所のウェブサイトに、東京都世田谷区の集合住宅「FORME SETAGAYA」の写真が14枚掲載されています。新建築2016年2月号にも掲載された作品。

世田谷区上用賀に建つ木造3階建ての賃貸集合住宅。砧公園から程近く、子育て世代に魅力的な地域性を評価し、ファミリー向けの住戸を3戸とオーナー住戸を収めています。「地面に近い1階」とルーフバルコニーのある「空に近い3階」に対して、2階の性格は曖昧になりがちです。そこで、1階と3階は階高を抑え、余ったボリュームを全て2階に振り分け、天井の高いロフトのある立体的な空間にしています。意図的に引き延ばされた空間の両端が、ロフトで不意につながったり、思わぬ場所で吹抜けや階段室を介して上下階とつながったり、視線がスリット窓を通して外部へ抜けたりと、複雑で豊かな空間体験を生む場となりました。

木村松本建築設計事務所による、滋賀県大津市の木造住宅の改修「Hの減築」の写真

19.00 木村松本建築設計事務所による、滋賀県大津市の木造住宅の改修「Hの減築」の写真

木村松本建築設計事務所のサイトに、滋賀県大津市の木造住宅の改修「Hの減築」の写真が掲載されています

木村松本建築設計事務所のウェブサイトに、滋賀県大津市の木造住宅の改修「Hの減築」の写真が13枚掲載されています。

築35年の住宅リノベーション。
延床面積が55坪あった既存建物を2つの減築により現代そしてこれからの生活にあったもの
へと再構成することを目指した。
既存2階の大まかなアウトラインをそのまま1階に落とすことで「37坪 ほぼ総2階建物」と「2つの下屋」ができる。2つの下屋の1つの外壁をポリカーボネイト波板に交換することで半屋外のスペースとし( 実体の減築 )、もう1つは庭に面して木製建具で囲い、機能の無いスペースとした( 用途の減築 )。
これらの2つの減築は、豊かな庭との関係を再設定するとともに居住用途以外の用途を住居内に持ち込む(ショップやアトリエ、ギャラリーなど)。

Eureka+MARU。architectureによる、埼玉県さいたま市の集合住宅「Around the Corner Grain」の写真

26.68 Eureka+MARU。architectureによる、埼玉県さいたま市の集合住宅「Around the Corner Grain」の写真

Eureka+MARU。architectureによる、埼玉県さいたま市の集合住宅「Around the Corner Grain」の写真が、Eurekaのサイトに掲載されています

EurekaMARU。architectureが設計した、埼玉県さいたま市の集合住宅「Around the Corner Grain」の写真が14枚、Eurekaのサイトに掲載されています。新建築2016年2月号にも掲載されている作品。

住宅地の角に建つ7戸の集合住宅。屋内外にわたって立体的に居住空間を組み合わせています。地上部には街路と一体化した大きなオープンスペースをつくり、住宅地への公共的な働きかけを試みました。建築の外形は、地上部を開放しながら容積を確保するために天空率を用いて設計しています。これにより、地上部のピロティだけでなく、凸凹のスカイラインや空に抜ける3階バルコニーが生まれました。これらの外部空間は、室内へと風を導くウインドキャッチでもあります。また、手摺や軒裏、踊場といった外部要素は、住まい手がカスタマイズできるように設計しました。住まい手が関わる屋外居住空間が建築の表情となり、それが立体的な街並みとして醸成される集合住宅を目指しました。

以下は動画。建築の特徴をとても良く表現している動画だと思います。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。