吉村昭範+吉村真基 / D.I.G Architectsによる、愛知・豊明市の住宅「2つの架構/前後の家」のオープンハウスが開催 [2017/12/23]

24.91 吉村昭範+吉村真基 / D.I.G Architectsによる、愛知・豊明市の住宅「2つの架構/前後の家」のオープンハウスが開催 [2017/12/23]

吉村昭範+吉村真基 / D.I.G Architectsによる、愛知・豊明市の住宅「2つの架構/前後の家」のオープンハウスが開催 [2017/12/23]

吉村昭範+吉村真基 / D.I.G Architectsが設計した、愛知・豊明市の住宅「2つの架構/前後の家」のオープンハウスが開催されます。開催日は2017年12月23日です。
詳細は以下でどうぞ。

「現横浜市庁舎の保存活用を要望/村野藤吾の50年代を代表する傑作/建築学会」(建設通信新聞)

11.26 「現横浜市庁舎の保存活用を要望/村野藤吾の50年代を代表する傑作/建築学会」(建設通信新聞)

「現横浜市庁舎の保存活用を要望/村野藤吾の50年代を代表する傑作/建築学会」という記事が、建設通信新聞に掲載されています

「現横浜市庁舎の保存活用を要望/村野藤吾の50年代を代表する傑作/建築学会」という記事が、建設通信新聞に掲載されています。日本建築学会がPDFで公開している要望書はこちら

ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計で、スイス・バーゼルに建てられる、スイス最高層の集合住宅の画像

9.47 ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計で、スイス・バーゼルに建てられる、スイス最高層の集合住宅の画像

ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計で、スイス・バーゼルに建てられる、スイス最高層のに建てられる集合住宅の画像が、swissinfoに掲載されています

ヘルツォーク&ド・ムーロンの設計で、スイス・バーゼルに建てられる、スイス最高層の集合住宅の画像が1枚、swissinfoに掲載されています。

リベスキンドの設計で完成した、カナダ・オタワの、カナダ発のホロコースト記念碑の写真

14.41 リベスキンドの設計で完成した、カナダ・オタワの、カナダ発のホロコースト記念碑の写真

リベスキンドの設計で完成した、カナダ・オタワの、カナダ発のホロコースト記念碑の写真がdezeenに掲載されています

ダニエル・リベスキンドの設計で完成した、カナダ・オタワの、カナダ発のホロコースト記念碑の写真が10枚、dezeenに掲載されています。

スティーブン・ホールの設計でオープンした、ロンドンの古い街並みの中に建つ、内部の光を透過する外観の「THE MAGGIE’S CENTRE BARTS」の写真

22.15 スティーブン・ホールの設計でオープンした、ロンドンの古い街並みの中に建つ、内部の光を透過する外観の「THE MAGGIE’S CENTRE BARTS」の写真

スティーブン・ホールの設計でオープンした、ロンドンの古い街並みの中に建つ、内部の光を透過する外観の「THE MAGGIE’S CENTRE BARTS」の写真が、wallpaper*に掲載されています

スティーブン・ホールの設計でオープンした、イギリス・ロンドンの古い街並みの中に建つ、内部の光を透過する外観の「THE MAGGIE’S CENTRE BARTS」の写真が5枚、wallpaper*に掲載されています。
マギーズ・センターは癌の告知を受けた人々をケアするための施設で、各地の施設を著名建築家が手掛けていることでも知られています。

OMA / AMOによる、アムステルダム美術館の、フレキシブルに使用できる壁のデザインが特徴的な恒久展示スペース「Stedelijk Base」の写真

15.03 OMA / AMOによる、アムステルダム美術館の、フレキシブルに使用できる壁のデザインが特徴的な恒久展示スペース「Stedelijk Base」の写真

OMA / AMOによる、アムステルダム美術館の、フレキシブルに使用できる壁のデザインが特徴的な恒久展示スペース「Stedelijk Base」の写真が、archdailyに掲載されています

OMA / AMOによる、アムステルダム美術館の、フレキシブルに使用できる壁のデザインが特徴的な恒久展示スペース「Stedelijk Base」の写真が21枚、archdailyに掲載されています。

ツバメアーキテクツによる、展示装置「移動式メディア・アーケード」

52.15 ツバメアーキテクツによる、展示装置「移動式メディア・アーケード」

ツバメアーキテクツによる、展示装置「移動式メディア・アーケード」 photo©TSUBAME ARCHITECTS

ツバメアーキテクツによる、展示装置「移動式メディア・アーケード」です。

エキスポという短期的なイベントのフォーマットに合わせ、繰り返し使用可能な展示装置。

ディスプレイの光を受けたねじれが重なることで複雑な見え方をするようになり、ふと立ち寄るきっかけを生み出す。

また、人々の身長よりも少し高い位置でねじれが展開するので、人混みの中でもよく目立つ。さらに、接客の単位でアーチがかかり居場所が作られていく。

そして、部材は机・柱・梁・水糸のみで構成されるため、この装置は撤収の際には無駄なゴミを出さず、すぐの立ち去ることができる。

実際に複数のエキスポで使用された。

仮設・短期的なメディアのアーケードと言えるような装置である。

淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新。「納谷学+新兄弟に仲良し話をする」

4.82 淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新。「納谷学+新兄弟に仲良し話をする」

淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新されていて、今回は「納谷学+新兄弟に仲良し話をする」です

淵上正幸のアーキテクト訪問記が更新されていて、今回は「納谷学+新兄弟に仲良し話をする」です。納谷建築設計事務所を主宰する二人へのインタビューです。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。