Arup 東京 プロジェクトチームによる、東京・千代田区の「Arup 東京 新オフィス」

45,681.46 Arup 東京 プロジェクトチームによる、東京・千代田区の「Arup 東京 新オフィス」

Arup 東京 プロジェクトチームによる、東京・千代田区の「Arup 東京 新オフィス」 photo©繁田諭

Arup 東京 プロジェクトチームが設計した、東京・千代田区の「Arup 東京 新オフィス」です。

Arup東京オフィスの移転に伴うオフィスの内装デザインである。
内装デザイン、移転マネジメントとも全て東京オフィスのスタッフで行った。

設計を始めるにあたり、全スタッフからアンケートを集計した。その結果、スタッフが快適に働くことができる”well-being”なオフィスであり、同時にArupのブランドやカルチャーを体現するオフィスを期待されていることが分かった。

フランク・ゲーリーによる、アメリカ・カリフォルニアのFacebook本社の増築の写真

1,216.18 フランク・ゲーリーによる、アメリカ・カリフォルニアのFacebook本社の増築の写真

フランク・ゲーリーが設計を手掛けた、アメリカ・カリフォルニアのFacebook本社の増築の写真がdezeenに掲載されています。以下は、その動画です。

arbolによる、兵庫・明石の住宅「明石の家」

1,340.27 arbolによる、兵庫・明石の住宅「明石の家」

arbolによる、兵庫・明石の住宅「明石の家」 photo©下村康典
arbolによる、兵庫・明石の住宅「明石の家」 photo©下村康典

arbolが設計した、兵庫・明石の住宅「明石の家」です。

この住宅は、兵庫県明石市の中心市街地から近く、明石城跡から続く丘陵地を切り開いた閑静な住宅地に立地する。

限られた敷地面積の中に、3つの中庭のある平屋とした。風や光、過ごし方に応じて庭を膨らませ、木の箱で囲んだ。プライバシーを確保しながら、身近に自然を取り込むとともに、室内から外へどこまでも拡がりも感じられるような、外と内の垣根を越えた豊かな暮らしを追求した。
建物の構成は、エントランスから奥に行くにしたがって3段階に分けられ、それぞれにちょっとした家庭菜園などを楽しめる中庭を持つ。手前は昔ながらの土間と家族のフリースペースである和室と「畑のある庭」、真ん中はセミパブリックなリビングダイニングと「観賞用の庭」、奥はプライベートエリアと洗濯物のための「ドライエリア」としている。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。