【ap job更新】 建築系スタートアップ「VUILD」が、建築設計メンバー・ファブリケーター(正社員・業務委託)を募集中

ap job 【ap job更新】 建築系スタートアップ「VUILD」が、建築設計メンバー・ファブリケーター(正社員・業務委託)を募集中

【ap job更新】 建築系スタートアップ「VUILD」が、建築設計メンバー・ファブリケーター(正社員・業務委託)を募集中
【ap job更新】 建築系スタートアップ「VUILD」が、建築設計メンバー・ファブリケーター(正社員・業務委託)を募集中

建築系スタートアップ「VUILD」の、建築設計メンバー・ファブリケーター(正社員・業務委託)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

建築系スタートアップVUILDでは、デジタルファブリケーション技術を用い、建築産業の変革を目指しています。

2017年の創業時には家具づくりからスタートした私達ですが、2018年には内装や公共空間にまで案件規模を拡大し、2019年にはVUILD初となる建築物『まれびとの家』が竣工しました。本作で「住宅特集2019年10月号」の表紙を飾り、「Under 35 Architects exhibition 2019」ではGoldMedal賞を受賞しました。

その甲斐あってか、2019年のSDレビューに入選した『学ぶ、学び舎』含め、現在ではデジタルファブリケーションを活用した新築のプロジェクトが5件進行しています。(その他内装のプロジェクトが5件、プロダクト開発のプロジェクトが10件程度進行中)

このように、本格的に建築・建設領域に着手するにあたり、大型の設備投資も実施し、大断面材が加工可能な5軸CNC加工機を備えた新工場を2020年4月にOPENさせます。この新たな節目に、新しいメンバーを迎え入れたいと思っています。

とりわけ、アトリエ事務所等で建築設計の実務経験のある方に加わって頂きたいと思っています。「デジタルスキル」と「ものづくりスキル」に長けたメンバーは多く所属しているのですが、「デザインスキル」に長けたメンバーがやや不足しています。

ですので、現時点でデジタルリテラシーは無くて結構なので、デジタル技術から建ちあがる「新しい建築意匠の世界」に興味を持ち、なおかつその世界に挑戦したいと思う方の応募をお待ちしております。

【ap job更新】 CHOP+ARCHI建築設計事務所が、設計スタッフ、補助スタッフ・事務、経理スタッフの正社員・アルバイト・業務委託等を募集中

ap job 【ap job更新】 CHOP+ARCHI建築設計事務所が、設計スタッフ、補助スタッフ・事務、経理スタッフの正社員・アルバイト・業務委託等を募集中

【ap job更新】 CHOP+ARCHI建築設計事務所が、設計スタッフ、補助スタッフ・事務、経理スタッフの正社員・アルバイト・業務委託等を募集中
【ap job更新】 CHOP+ARCHI建築設計事務所が、設計スタッフ、補助スタッフ・事務、経理スタッフの正社員・アルバイト・業務委託等を募集中

CHOP+ARCHI建築設計事務所の、【募集職種】募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

トラフによる、京都の店舗「FREITAG Store Kyoto」の写真

782.58 トラフによる、京都の店舗「FREITAG Store Kyoto」の写真

トラフのウェブサイトに、京都の店舗「FREITAG Store Kyoto」の写真が21枚掲載されています。店舗の場所はこちらだそう(Google Map)。

使用済みのトラックタープ(幌)、自転車のインナーチューブ、廃車のシートベルトを使った、色とりどりのメッセンジャーバッグやアクセサリーを展開するFREITAG(フライターグ)。同ブランドにとって国内4店舗目の直営店となる京都店の内外装計画を手掛けた。錦市場や目抜き通り近くに位置する同路面店の97m2のスペースに、1100点に及ぶ一点物のバッグを陳列する。
もともと構造の異なった二棟を、間に立つ外壁を撤去して一棟に改修した建物をリノベーションしている。既存の腰壁とシャッターを撤去して間口いっぱいのガラス面にしたファサードが、通りと店舗の間をオープンに繋ぐ。内部は隣接するRC造と鉄骨造を活かした構造あらわしのスケルトン状態で、中央に林立するRC柱と鉄骨柱をそのまま残している。
荒々しい柱と梁で構成されたRC造の空間には、ラバー天板の作業台のような大きな島什器と、FREITAGオリジナルシステム什器であるV100を並べ、クリーンな印象を持たせた。 島什器の上には、ペンダントライトから反射板によって拡散された均一な光が届き、商品を置いてじっくり見定めることができる。
一方、鉄骨造の空間には、ストックルームやポスカウンターなどの機能を備えた他、設備スペースになっていた半外部空間まで取り込み、オリジナルアイテムを製作できる、日本初のDIYワークステーションを設置。木毛セメント板で仕上げられたストックルームの壁面に取り付けられたシステム什器で、多用なビジュアルディスプレイを展開することができる。

駐車場側の壁面に実物大で描かれた、高速道路を走るトラックが、ブランドの本拠地であるチューリッヒのインダストリアルな物流拠点をイメージした店舗を象徴する。二つの異なる構造形式がぶつかり合う既存躯体の特異な状況を、空間の特長として活かしながら、FREITAGのクリエイティビティを体現するような空間を目指した。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。