【ap job更新】 株式会社 佐々木達郎建築設計事務所が、設計スタッフ(既卒・経験者)を募集中

ap job 【ap job更新】 株式会社 佐々木達郎建築設計事務所が、設計スタッフ(既卒・経験者)を募集中

【ap job更新】 株式会社 佐々木達郎建築設計事務所が、設計スタッフ(既卒・経験者)を募集中
【ap job更新】 株式会社 佐々木達郎建築設計事務所が、設計スタッフ(既卒・経験者)を募集中House-HM

株式会社 佐々木達郎建築設計事務所の、設計スタッフ(新卒既卒・経験者)募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

佐々木達郎建築設計事務所は、設計スタッフを募集します。

■代表メッセージ
現在、ホテル、旅館等の宿泊施設の設計、その他オフィス、住宅、店舗等、様々なプロジェクトが進行しています。それぞれのプロジェクトでは、「場所と対話する建築」をテーマに掲げ、企画やコンセプトに反映させ提案をしていきます。
また、弊社では、建築やインテリアデザインのみではなく、家具や備品に至るまでデザインをし、多くの専門家とも協働しながら一つの空間を作り上げていきます。
私達のものづくりに対する思いに共感し、ここでの仕事を自分ごとにできる人、また、責任感を持って活躍してくれる仲間を募集しております。

■業務について
現在は住宅やホテル等の設計依頼が多く、敷地がもつ「場所の魅力」を探し出し、企画やコンセプトから提案し、建築、インテリア、家具やもの等を通じて空間の提案を行っています。

ファラによる、ポルトガル・ポルトの住宅「house with four columns」。建築的な装置として考案された天井と切り離された柱によって住まい方を示唆

809.62 ファラによる、ポルトガル・ポルトの住宅「house with four columns」。建築的な装置として考案された天井と切り離された柱によって住まい方を示唆

ファラによる、ポルトガル・ポルトの住宅「house with four columns」。建築的な装置として考案された天井と切り離された柱によって住まい方を示唆 photo©ricardo loureiro
ファラによる、ポルトガル・ポルトの住宅「house with four columns」。建築的な装置として考案された天井と切り離された柱によって住まい方を示唆 photo©ricardo loureiro
ファラによる、ポルトガル・ポルトの住宅「house with four columns」。建築的な装置として考案された天井と切り離された柱によって住まい方を示唆 photo©ricardo loureiro

ファラが設計した、ポルトガル・ポルトの住宅「house with four columns」です。建築的な装置として考案された天井と切り離された柱によって住まい方を示唆する設計が特徴的です。
ファラは、フィリップ・マガリャインシュ(filipe magalhães)、アナ・ルイサ・ソアレス(ana luisa soares)、アーメッド・ベルホジャ(ahmed belkhodja)の3人が主宰する建築設計事務所で2013年に設立されました。それぞれ、SANAA、伊東豊雄、アトリエ・ワンという日本の設計事務所に勤務やインターンした経験をもつことも特徴です。またフィリップとアナは、日本滞在中は中銀カプセルタワーに居住していました。

こちらは、建築家によるテキストの翻訳

墓地の前の細い路地に建つ19世紀の高台の家。このプロジェクトでは、ある種の絶対的な秩序の感覚を追求しました。

既存の木構造をコンクリートに置き換え、沈黙したグリッドが平面の幾何学性を再定義しました。中心となる階段、各階にある2つの三角形のバスルーム、4つの関連性のあるリビングスペース、そして1階のわずかにカーブした廊下が、必要な用途とヒエラルキーを整理しています。すべての部屋は、中央にあるコンクリートの柱で中断された白い境界線として考えられており、プログラムの一定の秩序を確立し、空間にどのように住むかを示唆し、空間を理解しやすくしています。与えられた柱は構造的なものではなく建築的な装置であり、そのため天井には触れていません。

それぞれのリビングルームは、2つの青いドア、実用的な大理石の表面、パッチ状のタイル、可動式のキャビネット、反対側の外壁に面した窓など、ありふれた形態の集合体となっています。木やコンクリート、タイルや大理石、継ぎ目のない表面やパターンを組み合わせることで、素材感を表現することが必要だと感じました。庭は白いタイルで覆われて始まり、既存の白い壁の境界線の間で開花します。

それぞれの面には異なるストーリーがあります。正面のファサードは、ありふれた白いタイルで覆われており、ピンクとブルーの2つの背の高いドアが印象的です。側面のファサードは、内部の構造的な構成を反映した3本の太い塗装ラインで定義されています。形容しがたい庭のファサードは、2つの正方形の窓と、不整形のシルエットの中に配置された排水管で構成されています。隣家の側壁はダークブルーで塗られ、作品の自立性を高めています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。