ペーター・メルクリが南洋堂のガラスに描いたドローイング

( )

Photo at random

ペーター・メルクリが南洋堂のガラスに描いたドローイング

architecture, feature, photo

nan001.jpg

東京国立近代美術館で行われている"建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳"展のオープニングに合わせてスイスからペーター・メルクリが来日した。2008年6月4日に行われた展覧会のオープニングパーティー終了後、メルクリは神保町の建築書店"南洋堂"を訪れメインファサードのガラスにドローイングを描いた。


nan002.jpg
nan003.jpg
nan004.jpg
nan005.jpg
nan006.jpg
製作中の様子。(C)南洋堂
nan007.jpg
製作中の様子。(C)南洋堂
このドローイングは南洋堂の2.3m×2.5mのガラスにマーカーで描かれた。メルクリは慎重に色を選びながら約1時間半かけて作品を完成させたという。
通常、メルクリはA4サイズの紙に自身のスタディのためにドローイングを描いている。(このドローイングなどが美術館で展示されている)この作品ではいつものそれとは異なるキャンバスの大きさや素材なども考慮しドローイングに反映させたそうである。(例えば、ガラスの透明性を考えファサードの一部を塗り残している)この繊細な配慮もメルクリらしいと言えるだろう。
保存期間などは未定なようだが、展覧会を訪れる際には合わせて見ておく価値がある作品だと思われる。※追記、現在このドローイングは消されてしまったようです。
□関連リンク
>南洋堂日和(2008/6/6と6/5の日記部分に、このドローイングのエピソードが書かれている)
>a+uのペーター・メルクリ(ピーター・マークリ)作品集(南洋堂)
>国立近代美術館"建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳"


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact