展覧会レポート”建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳”(1)

( )

Photo at random

展覧会レポート”建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳”(1)

architecture, exhibition, feature

maekliaoki001.jpg

"建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳"展覧会レポートその(1)です。


maekliaoki002.jpg
展示室での経験
展示室に入ると正面奥の壁面に横長に並べられた膨大な枚数のメルクリのドローイングが目に入る。このドローイングを見ようと歩いて行くと、天井に吊るされた雲型のテーブルが行く手を遮る。そこには青木による住宅のスタディ模型が並べられており、そのテーブルの曲面に誘導されるように模型を眺めていく。
maekliaoki003.jpg
模型は時系列で並べられているが、その配置は厳格なものではなく自然な流れの中で鑑賞することができる。流れに身を任せて模型を見ていくうちに、次第にメルクリのドローイングが配置された壁面に近づき、その作品が意識され始める。
maekliaoki004.jpg
ドローイングは荒い木製の板の上に並べられており、鉛筆やクレパスで描かれた素朴な雰囲気と調和を感じられる。また、その両端にはヨーゼフソンの小さな彫刻が展示されている。
maekliaoki005.jpg
一通り見て振り返ると、反対・正面の壁にもメルクリのドローイングが展示されていることに気づく。そのドローイングに向かう際、再び青木の模型が展示されたテーブルが目に入る。
maekliaoki006.jpg
maekliaoki008.jpg
青木の模型を眺めながら雲型テーブルの間を抜けるとそこには、メルクリのバーゼルとポルトガルのプロジェクトのドローイングがテーブルの上に配置されている。これは壁面に掲げられたものとは異なり、より具体性を持ったものとなっている。
maekliaoki007.jpg
そして再び壁面に掲げられたメルクリのドローイングに辿り着く。反対側壁面に掲げられているものとは異なりより抽象性を帯びたものとなっている。これらはヨーゼフソンが作品を制作できなくなった事と関係しているという。
そしてドローイング脇の一角にあるメルクリによるスタディ模型が目に入る。モランディの絵画のモチーフを立体化したような雰囲気の小さな紙製の模型である。
maekliaoki009.jpg
これで一通り全ての展示物を見たことになる。このように展示室では、メルクリ→青木→メルクリ→青木→メルクリというように、交互に二人の建築家の展示を見ていくことになる。つまり無意識のうちに二人の建築家の作品を比較させられるような状況に作品はレイアウトされているのである。
maekliaoki010.jpg
maekliaoki011.jpg
>>展覧会レポートその(2)へ


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact