展覧会レポート”建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳”(2)

( )

Photo at random

展覧会レポート”建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳”(2)

architecture, feature

maekli001.JPG

展覧会レポート"建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳"(2)です。
レポート(1)はこちら


maekli002.JPG
maekli003.JPG
maekli004.JPG
maekli006.JPG
maekli007.JPG
maekli008.JPG
maekli009.JPG
maekli010.JPG
maekli014.jpg
maekli016.jpg
ペーター・メルクリのドローイング
メルクリのドローイングの中で特に印象的なのはファサードに関するものだ。じっくり眺めていると様々な形・色・構成・テクスチャーなどの組み合わせがドローイングの中で検討されていることがわかる。それはメルクリにとって人間の知覚に関する探究なのだろうと思う。これは視覚の法則に従い、人が建物のファサードを見たときの視線の動き・感覚・感情をコントロールしようとする試みでもある。メルクリが使用する建築言語は非常に限られたものである。しかし、その言語による組み合わせは無限大であり、メルクリのドローイングは無限の中から最適な一つの答えを探しだす試みとも思える。
例えば、大地を描き、グレーのヴォリュームを置く。そして、その上に小さな赤いヴォリュームを組み合わせるとファサードはどのように見えるのか?そして、そこにヨーゼフソンの彫刻を配置するとファサードはどのように見えるのか?もしくは、ヴォリュームに模様を与えた場合には?ヴォリューム同士の大きさのバランスを変えた場合には?・・・
メルクリは要素の無限の組み合わせとの格闘の中で、様々な感覚を生み出すファサードの可能性を探求し、来るべきプロジェクトのために自身のアイデアのストックを増やしているのだろう。
>>展覧会レポートその(3)へ


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact