展覧会レポート”建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳”(3)

( )

Photo at random

展覧会レポート”建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳”(3)

architecture, exhibition, feature

aoki001.jpg

展覧会レポート"建築がうまれるとき ペーター・メルクリと青木淳"(3)です。
レポート(1)はこちら


aoki002.jpg
aoki003.jpg
aoki004.jpg
aoki005.jpg
aoki006.jpg
青木淳のスタディ模型
青木のスタディ模型は抽象的とも具象的ともとることができる。
一見するとオブジェのような彫刻のような形態という印象を受けるのだが、じっくり眺めているとパラペットの立ち上がりが表現されていたりするなど、常に現実を見据えたスタディが行われていることがわかる。
模型には時系列を示すナンバリングが施されており、思考過程を追ってみていくことができる。しかし全てを通してみると、プロジェクトが直線的に発展していくのではなく様々な可能性を探り行ったり来たりしながら答えを探している様子が感じられる。
また、クライアントからの要望がアイデアの出発点におかれる場合もあり、青木が要望から導き出されるデザインの可能性を探求する様子が見て取れる。展覧会の図録には模型が制作される前の青木のノートが収録されておりアイデアの発想を見るという意味ではこちらも合わせてみていくと青木の姿勢を理解しやすいだろう。
>>展覧会レポート(4)へ


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact