清正崇建築設計スタジオによる住宅”Fussa-K”

( )

Photo at random

清正崇建築設計スタジオによる住宅”Fussa-K”

architecture, feature

FK011.jpg
photo(C)淺川敏

清正崇建築設計スタジオが設計した住宅"Fussa-K"です。


FKplan.jpg
FK001.jpg
FK002.jpg
FK003.jpg
FK004.jpg
FK005.jpg
FK006.jpg
FK007.jpg
FK008.jpg
FK009.jpg
FK010.jpg
以下、建築家によるテキストです。
***********
豊かな自然に囲まれた平屋の二世帯住宅です。従前の住宅は、各世代により無秩序に増築が繰り返され続けた平屋の住宅でした。敷地の広さも手伝って、無秩序な増築がプラスの要因となり、非常におおらかな空間を造り上げていました。その「おおらかさ」をいかに継承するかが今回の計画の大きなポイントです。施主からの主な要望は「接客用ゾーンの確保」「二世帯住宅」「自然は出来るだけ残したい」「蔵は残す」です。
既存の自然・庭・アプローチから導き出される「カチッ」とした建物の外周ラインと、中庭側の自由な角度で構成された「ふわっ」とした内外境界との対比で建物が構成されています。「ふわっ」とした境界が各ゾーン(親世帯・子世帯・接客用)に程よい距離感をもたらします。
「カチッ」としたラインに並べられたボリュームと、「ふわっ」を構成する自由な角度を持つボリュームとの間に出来上がるズルズル繋がる内部の一体空間は、1つのルールに基づくのではなく、増築のように2つのルール(「カチッ」と「ふわっ」)の対比で出来ており、肩の力の抜けた「おおらかさ」を創出しています。また、各ゾーンに連続するハイサイド窓が建物全体に一体感を与え、安定した光と良好な眺めを内部に引込むと共に、ボリューム対比の平面的図式感を和らげ、空間としての気持ちよさを与えています。各ゾーンは対比の強弱及び異なる色合いで個性付けられています。
中庭側の広い屋上デッキもこの建物の特徴です。360度自然を満喫出来るこの場所は、広さが人の想像力を喚起させます。これから育っていく子供達の格好の遊び場にもなるでしょう。また、デッキ下の広い軒下空間は、建物内部へ様々な光を導きます。
従前住宅の空間性から導き出された、おおらかさを生み出す「対比」や判り易さよりも気持ちよさに焦点を当てる「図式感の緩和」には、懐の深い建築を生み出す可能性があると思います。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact