佐藤充 / 建築工房DADAによる”八幡木窟-Hachiman wood cave-“

( )

Photo at random

佐藤充 / 建築工房DADAによる”八幡木窟-Hachiman wood cave-“

architecture, feature

Hachiman001.jpg

Hachiman003.jpg
photo(C)小関克郎

佐藤充 / 建築工房DADAが設計した仙台の整体院併設住宅"八幡木窟-Hachiman wood cave-"です。


Hachiman002.jpg
Hachiman004.jpg
Hachiman005.jpg
Hachiman006.jpg
Hachiman007.jpg
Hachiman008.jpg
Hachiman009.jpg
Hachiman010.jpg
Hachiman011.jpg
Hachiman012.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
八幡木窟-Hachiman wood cave-
仙台市中心部を流れる広瀬川の河岸段丘の最上部に建つ整体院併設住宅。
景観条例の規制対象区域に位置し、緑化保全のため敷地の30%以上の植樹可能な空地を確保すること、建物の色彩は景観に配慮し指定の色相、明度、彩度の中から選定するなど非常に細かいルールが設定されている。
広瀬川が長い年月をかけ侵食し形成した大地をオマージュし、景観条例が示す通り広瀬川を主とした風景を形成し、ずっと昔からこの地に存在したような極力形態に恣意的なものを排除した、広瀬川の背景となる建築を目指した。
建築ヴォリュームに敷地と道路の高低差を引き込むことにより国道側からアクセスする整体院のバリアフリー化を実現するとともに、単純な矩形ヴォリュームにひずみを生じさせる。ひずみの生じたヴォリュームから公的空間である整体院と私的空間である住居をくり抜く。両空間の間に生じたひずみに緩衝空間としてスタディスペース、ファミリーシアターを挿入することで、単純ヴォリューム内に公的空間と私的空間を共存させた。
Hachiman-damen.jpg
広瀬川により削り出された大地の内部に創出されたそれぞれの空間には、広瀬川沿いの豊かな自然や仙台市中心部の高層ビル群を望む開口を設ける。
高低、明暗様々な空間が洞窟のように連なり様々な角度から入射する風景、光、風により日々の何気ない生活のなかに新たな発見をもたらすような多様性を内包する直方体の住宅である。
(佐藤 充)
■建築概要
所在地:宮城県仙台市
用途:兼用住宅(住宅+整体院)
構造・規模:木造・地上2階
敷地面積:419.92m2
建築面積:78.25m2
延床面積:122.94m2
施工:片倉工務店
撮影:小関克郎


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact