篠崎弘之建築設計事務所による東京都目黒区の住宅「House T」

( )

Photo at random

篠崎弘之建築設計事務所による東京都目黒区の住宅「House T」

architecture, feature

touset-002.jpg
photo(C)Hiroyasu Sakaguchi

篠崎弘之建築設計事務所が設計した東京都目黒区の住宅「House T」です。


touset-001.jpg
touset-003.jpg
touset-004.jpg
touset-005.jpg
touset-006.jpg
touset-007.jpg
touset-008.jpg
touset-009.jpg
touset-010.jpg
touset-011.jpg
touset-012.jpg
touset-013.jpg
touset-014.jpg
touset-015.jpg
touset-016.jpg
touset-017.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
夫婦のアトリエも兼ねた、東京の都心の住宅街の中に建つ住宅である。
敷地の外形に合わせて平面的に少し変形した箱の中に、本棚の棚板のような床がいろんな高さに浮いているような構成でこの住宅は作られている。それらの棚板のような床には好きな家具が好きな場所に置かれて、ダイニングやキッチン、リビングやベッドルームになっている。大きな気積をもったこの箱の中には、浮遊している棚板の床の上でのいろんな生活の場所が360度の視点で展開していく。この箱の中では生活する場所が従来の生活動線のようなもので一方向的につながっていくものではなく、3次元的な距離によってそれぞれが見え隠れしながらつながっている。それぞれ平面的には隣り合い開放的でありながらもその距離によって適度な分節を同時に確保している構成である。
棚板のような床は、箱の中間の位置にある立体的に交差したフレームの棚柱にそれぞれ引っ掛かっているだけの構造とし、棚板のような床は構成としても構造としても自由度が生まれている。床はそれぞれ独立し自由度を持つことで、それぞれがすべての床との関係でこの箱の中で場所をフィットさせていく。棚柱はフレームとして機能するだけではなく、自由な棚板の床に対して様々な高さで柔らかく分節する役割も担っている。それは手すりになったり敷居のようになったり、本棚や洋服棚になっている。
大きな家具のようなこの小さな住宅は、生活そのものを収納していくような、そんな住宅になっている。
■建築概要
敷地/ 東京都目黒区
敷地面積/70.31sqm
建築面積/37.33sqm
延床面積/ 75.62sqm
構造規模/木造2階建て
設計期間/2011年05月~2011年12月
施工期間/2012年1月~2012年5月
構造設計/寺戸巽海構造計画工房
施工/(有)伸栄
家具/寺戸工芸


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact