篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所による千葉の住宅「House H」

( )

Photo at random

篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所による千葉の住宅「House H」

architecture, feature

househ-10.jpg
photo(C)池本史彦

篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所が設計した千葉の住宅「House H」です。


househ-01.jpg
househ-02.jpg
househ-03.jpg
househ-04.jpg
househ-05.jpg
househ-06.jpg
househ-07.jpg
househ-08.jpg
househ-09.jpg
househ-11.jpg
househ-12.jpg
househ-13.jpg
househ-14.jpg
househ-15.jpg
househ-16.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
House H
千葉県松戸市に建つ、若い夫婦と小さな子供のための住宅である。
松戸市は60年代頃から東京郊外の住宅地として発展した背景があり、今回の計画はその時代につくられた家の建替え計画であった。これからの将来に希望をもつ若い家族から、この場所に新しいシンボルとしての家を建てて欲しいという依頼だったように思う。
それに対して、大きな屋根とそれを支える構造部材を日常生活で利用できるものにすることで、単純なイメージではなく家とともに生きるシンボルを提案できないかと考えた。
敷地の中に配置した大きな屋根の中に、8本のY字型をした木フレームを林立させ、そのフレームに2階の床やロフトの床を引掛けて居室を設ける計画とした。□90の集成材でできたY字フレームは、伝統的な木造建築でいう屋根裏の束や梁のように家全体に張り巡らされ、その中に自由な高さで6枚の床板を引掛けている。引掛ける床板のレベルや場所よって、屋根面や他の居室との距離が変化するとともに、床板下の空間にも変化が生まれている。
家全体は1つの大きなワンルームだが、Y字フレームとそこに引掛かる床板によって、大きな屋根の下の空間が緩やかに分節され、家族がそれぞれの場所に居ながらでも、互いに気配を感じながら暮らしていけることを意図した。
Y字フレームに絵や小物を飾ったり洗濯物を掛けたり、また子供の背丈が印させたりと、家族の日常的な生活に家の骨組みが自由に使われて関わっていくことで、手垢が残る本のように、家族の生活の跡が残る家になってほしいと思う。
■建築概要
敷地/千葉県松戸市
敷地面積/161.82sqm
建築面積/ 64.02sqm
延床面積/115.41sqm
構造規模/木造2階建て
設計期間/2011年7月~2012年5月
施工期間/2012年6月~2012年12月
構造設計/寺戸巽海構造計画工房
施工/広橋工務店
家具/大村健太郎(totte)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact