藤村龍至・柳原照弘らが出演するトークイベント「アフター・リアル・アノニマスデザイン」が京都で開催。ライブ・フリーペーパー制作・配布も。

( )

Photo at random

藤村龍至・柳原照弘らが出演するトークイベント「アフター・リアル・アノニマスデザイン」が京都で開催。ライブ・フリーペーパー制作・配布も。

architecture, design, exhibition, remarkable

GSS-rad-poster-140107-kan_mid(1)

藤村龍至・柳原照弘らが出演するトークイベント「アフター・リアル・アノニマスデザイン」が京都工芸繊維大学で開催されます。デザイナーの刈谷悠三によるライブ・フリーペーパー制作・配布も行われるとの事。開催日は、2014年2月9日(日)14:00-17:30(開場 13:30)。入場無料。書籍『リアル・アノニマスデザイン』の執筆者9名によるトークイベントです。

出演: 柳原照弘/水野大二郎/久下 玄/満田衛資/羽鳥達也/家成俊勝/刈谷悠三/岡田栄造/藤村龍至/山崎泰寛

 『リアル・アノニマスデザイン』出版のきっかけとなった藤村龍至と岡田栄造の公開対談「アノニマスデザイン2.0 -柳宗理から考える建築とデザインの現在」(2012年2月11日)からまる2年。同じ会場で、今回は著者9名が集まり、書籍刊行後のそれぞれの仕事をもとに、リアル・アノニマスデザインの「その後」を考えます。
 当日は、『リアル・アノニマスデザイン』の書籍デザインを手がけた刈谷悠三氏も参加。当日の議論をライブで収録
したフリーペーパーを制作、閉会時に全参加者に配布する予定です。
 本イベントは京都工芸繊維大学の「デザイン科学特別講義」として実施されますが、学外からの聴講も自由となって
おりますので、 皆さまお誘い合せの上、ご参加くださいますようお願いいたします。

イベントの詳細は以下。

■企画者コメント
『リアル・アノニマスデザイン』の編纂を通じてあらためて気付かされたのは、作品は作家の名とともに残るというシ
ンプルな事実だったと思う。それは、社会のアノニマスな欲望を唯々諾々と受け入れることではなく、現代において作
家がどのように署名を刻む=デザインするのかという、ある種の問いだった。
本書刊行後に実践されている執筆者一人ひとりの仕事を通じて、ふたたび、作家であること、デザインすることの未来
を考える時間を共有したい。(山崎泰寛)

■開催概要
和文タイトル:アフター・リアル・アノニマスデザイン
英文タイトル:After Real Anonymous Design
日時:2014年2月9日(日)14:00-17:30(開場 13:30)
会場:京都工芸繊維大学60周年記念館(定員200名、入場無料)
出演:柳原照弘(デザイナー)/水野大二郎(デザイン研究者)/久下 玄(デザイナー)/満田衛資(構造家)/羽鳥達也(建築家)/家成俊勝(建築家)/刈谷悠三(デザイナー)/岡田栄造(デザインディレクター)/藤村龍至(建築家)/山崎泰寛(編集者)
主催:京都工芸繊維大学大学院 デザイン科学専攻
共催:株式会社学芸出版社
連絡先:岡田研究室=okadaeizozemi@gmail.com
閉会時に当日の議論をライブで収録したフリーペーパーを配布いたします。

リアル・アノニマスデザイン: ネットワーク時代の建築・デザイン・メディア
柳原 照弘 貝島 桃代 スプツニ子! 難波 和彦 乾久 美子 みかんぐみ 太刀川 英輔 メジロスタジオ 藤村 龍至
4761525541


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact