中村竜治による「本・ことば・デザイン」展会場構成

( )

Photo at random

中村竜治による「本・ことば・デザイン」展会場構成

architecture, feature

nakamurasama-hon-01
all photo(C)ryuji nakamura & associates

中村竜治が設計を手掛けた「本・ことば・デザイン」展会場構成です。
「本・ことば・デザイン」展は、東京ミッドタウンで2014年9月28日まで開催中。

言葉の展示方法は、部屋の床、壁、天井、窓などに特徴的な部分を見つけて、そこに似合う紙の工作を施し、表面に印字するという方法をとっています。この場所は、会期中もオフィスを使う人が通る廊下のような空間であることもあり、一から何かつくるというよりも、その場所の雰囲気と関係するような展示にしようと思い、このような展示方法を考えました。

※以下の写真はクリックで拡大します

nakamurasama-hon-02

nakamurasama-hon-03

nakamurasama-hon-04

nakamurasama-hon-05

nakamurasama-hon-06

nakamurasama-hon-07

nakamurasama-hon-08

nakamurasama-hon-09

nakamurasama-hon-10

nakamurasama-hon-11

以下、建築家による概要です。

***********

ブックディレクターの幅允孝による「ことばを血肉化する」というコンセプトのもと、本やテキストをどう読み込み、どう自身の日々と重ね合わせるのかを考えるための催しです。各界で活躍する10人の選者に、「デザインを感じる本」と、その本の中で最も印象的な言葉を選んでもらい、本というよりはむしろ言葉の方を視覚化して展示するというユニークな展覧会です。
言葉の展示方法は、部屋の床、壁、天井、窓などに特徴的な部分を見つけて、そこに似合う紙の工作を施し、表面に印字するという方法をとっています。この場所は、会期中もオフィスを使う人が通る廊下のような空間であることもあり、一から何かつくるというよりも、その場所の雰囲気と関係するような展示にしようと思い、このような展示方法を考えました。言葉は、とても長い帯状のものに書かれていて長い距離を移動しないと読めなかったり、柱の周りをくるくる回らないと読めなかったり、しゃがまないと読めなかったりと、意味を一瞬で把握するのではなく、ある行為を伴うことで徐々に自分の中に入ってくるようになっていて、単に意味だけでなく、体験を伴った記憶として言葉を持ち帰ってもらえるのではないかと思っています。

■作品概要
タイトル:「本・ことば・デザイン」展会場構成
用途:展示空間
展覧会名:東京ミッドタウン・デザインハブ第47回企画展「本・ことば・デザイン」
会場:東京ミッドタウン・デザインハブ、東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー5階 
リンク:http://designhub.jp/exhibitions/1219/
展覧会会期:2014年8月29日(金)〜2014年9月28日(日)
主催:東京ミッドタウン・デザインハブ
総合ディレクション:幅允孝
会場デザイン:中村竜治
アートディレクション:尾原史和
施工:株式会社脇プロセス
協力:王子エフテックス株式会社、株式会社脇プロセス
サイズ:451.4m2
素材:特抄用紙、UV印刷

本の選者
伊東豊雄(建築家)、葛西 薫(アートディレクター)、柴田元幸(翻訳家)、服部一成(グラフィックデザイナー)、幅 允孝(ブックディレクター)、平松洋子(エッセイスト)、福田里香(お菓子研究家)、穂村 弘(歌人)、森永邦彦(デザイナー)、渡邉良重(グラフィックデザイナー)(敬称略/氏名50音順)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact