森創太+蜷川結 / nmstudioによる札幌市資料館リノベーションアイデアコンペティションの最優秀作品「create creation」

( )

Photo at random

森創太+蜷川結 / nmstudioによる札幌市資料館リノベーションアイデアコンペティションの最優秀作品「create creation」

architecture, competition, feature

nmstudio01-main

森創太+蜷川結 / nmstudioによる札幌市資料館リノベーションアイデアコンペティションの最優秀作品「create creation」です。審査には、青木淳などが参加していました。こちらのページでは講評などを読む事ができます

2014年に開催される札幌国際芸術祭のプログラムとして行われた、札幌市資料館をリノベーションするコンペ。
札幌の中心に位置し歴史的建造物である資料館を、市民が創造性を発揮できる拠点として活用する設計と用途が求められた。

※以下の画像はクリックで拡大します

nmstudio02-workshop

nmstudio03-studio1

nmstudio04-studio2

nmstudio05-1f

nmstudio06-2f

nmstudio07-section

nmstudio08-ex1000

nmstudio09-ex1500

nmstudio10-roof02

nmstudio11PLAN-1F
1F plan

nmstudio12PLAN-2f
2F plan

nmstudio13PLAN-B1
BF plan

以下、建築家によるテキストです。

**********

2014年に開催される札幌国際芸術祭のプログラムとして行われた、札幌市資料館をリノベーションするコンペ。
札幌の中心に位置し歴史的建造物である資料館を、市民が創造性を発揮できる拠点として活用する設計と用途が求められた。

私たちは市民とアーティストによる札幌の新しい文化を創りだすため、資料館に工房を増築し、札幌の創造活動の中心とすることを提案した。そしてその制作風景を公開することで市民が創造活動自体に参加するきっかけを創れないかと考えた。
まず設計の特徴として、資料館と庭園のつくる歴史ある環境を壊すことのないよう、高さを可能な限り抑え、また木々を避けるように工房を増築している。半地下の工房からは青々と繁る木々が臨め、地面がむき出しになったようなその壁は、土の中にいるような感覚を工房全体に与える。そうすることでこの工房は、都市の中心に建っているにもかかわらず、札幌の歴史が作ってきた自然に包まれた空間となっている。

また庭や空中広場からは、工房での「創造活動」をのぞきこんだり体験することができる。彫られかけの石塊、下書きのキャンバス、剥き出しの鉄、リ ハーサルの風景など、普段人があまり目にすることのない作品の裏側は、訪れる人に制作活動への参加を促し、そうして創られた作品はやがて札幌全体に散らばり、市民が創造活動に触れる機運をさらに高めることとなる。

僅か6基の雪像から始まったさっぽろ雪まつりのように、この資料館を中心に広がる「創造活動」もまた、札幌における新たな文化になると考えている。

■建築概要
住所:北海道札幌市
用途:文化施設
設計:2014年4月
主催:札幌国際芸術祭   


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact