武藤圭太郎建築設計事務所によるRCの賃貸マンションの一室のリノベーション「RENOVATION M」

( )

Photo at random

武藤圭太郎建築設計事務所によるRCの賃貸マンションの一室のリノベーション「RENOVATION M」

architecture, feature

renove-m-01
all photo(C)武藤圭太郎建築設計事務所

武藤圭太郎建築設計事務所によるRCの賃貸マンションの一室のリノベーション「RENOVATION M」です。

道路に面する外周部に沿って、明るく外部的な空間を「ガーデン」として設け、リビングを取り囲む計画とした。
庭の様な空間はバスルーム、洗濯物干場、ワークスペース、寝室と繋がり、床、壁、天井ともに白く仕上げられている。
光を透過するカーテンを開口部だけでなく壁面全体にしつらえる事で既存のサッシや外部の環境の雑然さ解消し、リビング側にもカーテンを設ける事で幻想的な柔らかい光がリビングに運ばれている。

※以下の写真はクリックで拡大します

renove-m-0plan

renove-m-02

renove-m-03

renove-m-04

renove-m-05

renove-m-06

renove-m-07

renove-m-08

renove-m-09

renove-m-0plan-old
改修前の平面図

以下、建築家によるテキストです。

**********

夫婦2人の為の、築50年以上のRCの賃貸マンションのリノベーション計画。
夫婦の父親がマンションのオーナーであり、今後の賃貸での活用を見据えながらの計画である。
ローコストの計画だったが、もともとは1K2世帯分の界壁を取り壊し、全ての間仕切りや設備を撤去した上で計画をスタートさせた。
この集合住宅は角地に建っているため、雑然とした形ではあるが、大小様々な開口部を道路に面して有している。
そこで、道路に面する外周部に沿って、明るく外部的な空間を「ガーデン」として設け、リビングを取り囲む計画とした。
庭の様な空間はバスルーム、洗濯物干場、ワークスペース、寝室と繋がり、床、壁、天井ともに白く仕上げられている。
光を透過するカーテンを開口部だけでなく壁面全体にしつらえる事で既存のサッシや外部の環境の雑然さ解消し、リビング側にもカーテンを設ける事で幻想的な柔らかい光がリビングに運ばれている。
全体で55m2と決して広くはないが、リビングとそれを取り囲む「ガーデン」との多様な関係により、奥行きのある住まいが実現した。

■建築概要
設計・監理:武藤圭太郎建築設計事務所
施工:松原建築商事
延床面積:55m2
構造:RC造4階建て(改修は3階部分の2部屋)
場所:岐阜県岐阜市


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact