成瀬・猪熊建築設計事務所による、東京の住宅「スプリットハウス」

( )

Photo at random

成瀬・猪熊建築設計事務所による、東京の住宅「スプリットハウス」

architecture, feature

split000
all phtotos(C)西川公朗

成瀬・猪熊建築設計事務所が設計した、東京の住宅「スプリットハウス」です。

この住宅は、1階と2階を切り離し、間に360°開口部の中間層を設けた建築である。
敷地は東京某所、木造住宅が密集する地域の旗竿敷地。採光とプライバシーの両立が極めて困難な状況を打開し、明るく広がりのある空間を獲得するため、この構成を採用した。

※以下の写真はクリックで拡大します

split001

split007

split011

split014

split018

split022

split026

split030

以下、建築家によるテキストです。

**********

スプリットハウス

この住宅は、1階と2階を切り離し、間に360°開口部の中間層を設けた建築である。
敷地は東京某所、木造住宅が密集する地域の旗竿敷地。採光とプライバシーの両立が極めて困難な状況を打開し、明るく広がりのある空間を獲得するため、この構成を採用した。
1階はキッチン・ダイニング・ソファスペース・共用書斎・和室など、共用の用途を集めた広々とした空間、2階は収納のない小さな個室と、動線を兼ねた納戸による空間である。個室を最小化し、ベッド以外のすべての用途を共用化することで、個室の利用者を入れ替えやすくし、家族構成の変化に柔軟に対応出来る冗長性を与えた。
構造壁が一切なくなった中間層には、複数のブレースを設けることで、水平力に対応した。結果的に、広々とした1階は枝のようなブレース混じりの構造から光が降り注ぎ、小さな空間が連続する2階は小さな部屋の中に柱が貫く、全体として森のような建築となった。
1階と2階を切り離すことだけを目的にするならば、柱もブレースも無い方が純粋だ。しかし今回は、あえて木造の構造体を見せることで、広いリビングにヒューマンスケールを与え、構造材・素材として木の存在感を味わうことができる空間を作り出した。抽象的な空間構成のみを建築化するのではなく、即物的なモノの存在感を、空間構成に統合する試みである。

現在、設計スタッフ、プレス・秘書、長期アルバイト及びオープンデスクを募集しております。気軽にお問い合わせ下さい。

■建築概要
建築設計:成瀬・猪熊建築設計事務所 / 成瀬 友梨、猪熊 純、石川 佳世子(元所員)、大田 聡(元所員)
構造設計:鈴木啓/ASA  担当 木村 洋介
設備設計:ジーエヌ設備計画 /五木田 正和、成田 奈保子
施工:北沢建設株式会社


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact