内野吉貴 / YDS建築研究所による、「熊本の住宅」

( )

Photo at random

内野吉貴 / YDS建築研究所による、「熊本の住宅」

architecture, feature

inabatei-00
all photos(C)藤本広/スタジオフジ

内野吉貴 / YDS建築研究所が設計した、「熊本の住宅」です。

熊本市の中心部に近い住宅地に計画された住宅。歴史ある城下町として明確な都市
の骨格を持つ中心街に対し、周辺は山に囲まれた落ち着いた住宅街である。
若い家族の為に、光と風が駆けめぐる白い箱をつくりたいと考えた。光と影のうつろいを感じながら生活し、精神を解き放つことの出来る、輝く白い箱のイメージである。

※以下の写真はクリックで拡大します

inabatei-01

inabatei-02

inabatei-03

inabatei-04

inabatei-05

inabatei-06

inabatei-07

inabatei-08

inabatei-09

inabatei-010

inabatei-011

以下、建築家によるテキストです。

***********

熊本市の中心部に近い住宅地に計画された住宅。歴史ある城下町として明確な都市
の骨格を持つ中心街に対し、周辺は山に囲まれた落ち着いた住宅街である。
若い家族の為に、光と風が駆けめぐる白い箱をつくりたいと考えた。光と影のうつろいを感じながら生活し、精神を解き放つことの出来る、輝く白い箱のイメージである。

生活の器である内部空間は、都市の生活の中で失われつつある光や風、雨などの自然を常に感じることの出来る空間を意図した。そして、内外の空間が溶け合うような住空間が建築の内部だけで完結するのではなく、外部の街の空間と応答し合うような、そんな建築の佇まいを目論んだ。
内部空間に自然をもたらす為に挿入された外部テラスは、2階の各部屋と廊下、吹抜を介して1階のリビングに光をもたらす。リビングへはトップライトからの光と、2階テラスから差し込み壁面で砕かれた光が吹抜から注ぎ込む。これらの光はリビングの空間において刻々変化する美を演出する。

集合住宅などを設計する際には、人々が憩える広場や道のような空間を創り出している。住宅においても、廊下を部屋から部屋へ移る単なる経路ではなく、道のような活気ある空間にしたいと考えている。2階のテラスは住まいの中心となる広場の空間として機能し、テラスを囲むように配された道の空間は光と影を感じることの出来る生命ある空間となる。階段はテラスからの光が差し込み、光の塔となる。

1階の庭と2階テラスにより自然と立体的に融合するリビング及び諸室は、自然と建築が刺激し合い、無限に広がる。自然と共に生きる歓びを感じられ、様々な空間体験が出来る、小さな宇宙のような建築である。

■建築概要

熊本の住宅

延床面積:160.64㎡

竣工:2016年2月

設計:内野吉貴/YDS建築研究所

構造:ミュー設計室

施工:岩永組  
撮影:藤本広/スタジオフジ


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact