kwas / 渡邉健介建築設計事務所による、神奈川・鎌倉の住宅「Y House」

( )

Photo at random

kwas / 渡邉健介建築設計事務所による、神奈川・鎌倉の住宅「Y House」

architecture, feature

00jmh_026
all photos(C)鳥村鋼一写真事務所

kwas / 渡邉健介建築設計事務所が設計した、神奈川・鎌倉の住宅「Y House」です。

敷地周囲には、低層の住宅群、生い茂る庭木、幅の狭い道路、その両側には生垣や土壁が並び、住宅と木々が高い密度で混在している周辺の状況に合わせて、樹木のような構造の柱に支えられた空間を提案しています。

足元で束ねられた柱はグリッドに向かって斜めに伸びています。1階は木の幹が立ち並ぶ林のような空間となり、庭の木々と連続した開放的な場所をつくります。家の中でも外部に対して開いた、パブリックな空間です。

※以下の写真はクリックで拡大します

05_YHouse_exterior01

06_YHouse_exterior02

07_YHouse_exterior03

08_YHouse_Dining

09_YHouse_Living

09-1-_YHouse_drawing

10_YHouse_FamilyRoom01

11_YHouse_FamilyRoom02

12_YHouse_MainBedroom

13_YHouse_Loft

14_YHouse_Living

15_YHouse_Kitchen

15-1-jmh_028

16_YHouse_FamilyRoom

16-1-jmh_030

16-2-jmh_031

17_YHouse_MainBR

18_YHouse_BR

19_YHouse_Evening

20_YHouse_drawing

21_YHouse_concept_01

22_YHouse_concept_02

23_YHouse_concept_03

24_YHouse_concept_04

以下、建築家によるテキストです。

**********

Y House

鎌倉市浄明寺の、緑あふれる住宅地に建つ、両親とこども3人のための住宅の計画です。

敷地周囲には、低層の住宅群、生い茂る庭木、幅の狭い道路、その両側には生垣や土壁が並び、住宅と木々が高い密度で混在している周辺の状況に合わせて、樹木のような構造の柱に支えられた空間を提案しています。

足元で束ねられた柱はグリッドに向かって斜めに伸びています。1階は木の幹が立ち並ぶ林のような空間となり、庭の木々と連続した開放的な場所をつくります。家の中でも外部に対して開いた、パブリックな空間です。

対照的に、2階は斜めの柱が分散し、樹上の枝葉の中にいるような空間となります。家族の生活を支える「モノ」がこれらの柱の間に満たされてゆくことで、家族の生活領域を柔らかく分節します。

柱の広がりと密度の違いが上下階の空間を特徴付けます。土地や周辺と呼応する環境の延長としての建築を追及しています。

■建築概要
用途:個人住宅 
規模:木造・2階建
敷地面積:211.67m2
延床面積:144.52m2
設計監理:kwas/渡邉健介建築設計事務所
構造設計:ハシゴタカ建築設計事務所
設備設計:a'gua設備設計
施工:石和建設
設計期間:2014.04-2014.10
施工期間:2014.11-2015.04
写真:鳥村鋼一写真事務所


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

Ad

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact