島田陽による、神戸・東遊園地の仮設建築「URBAN PICNIC PAVILION」(2017/11/5まで訪問可能)

( )

Photo at random

島田陽による、神戸・東遊園地の仮設建築「URBAN PICNIC PAVILION」(2017/11/5まで訪問可能)

architecture, feature


会場隣の市役所屋上から見る。12個の正方形平面が角度を振りながら連結している
all photos(C)笹倉洋平

タトアーキテクツ / 島田陽建築設計事務所が設計した、神戸・東遊園地の仮設建築「URBAN PICNIC PAVILION」です。2017年11月5日まで訪問が可能との事。

URBAN PICNIC PAVILION

市民が寄贈した本による青空図書館「OUTDOOR LIBRARY」と、カフェ「PARK KITCHEN」の機能を持つ、4ヶ月間の仮設建築。2.5cm角の細い角鋼で作られた3×3×3mの単純な立方体フレームを、角度をつけながら連結していくことで、拡がりと奥行きを作り出そうとした。
図書室とカフェの二つのコア周辺は風車状に屋根が掛かって、雨や陽射しを防ぐ。フレームに吊られた布は風に揺れ、日陰を作り出し、その色の重なりは動きとともに人々を愉しませる。
フレームは会期が終了すると分解して、コンパクトに収納することが出来る。それぞれの立方体フレームは自立するので一部だけを何処かで再利用することも可能で、現在移設場所を探している。

※以下の写真はクリックで拡大します


会場隣の市役所屋上から見る。


夕景。背後に神戸市役所がそびえ立つ


南側から見る


北側から見る


北側上方から見る


北東側から見る


布の重なり。


アウトドアライブラリー。夜間は上方に吊っている建具を下ろして施錠する


布の重なり。


街路樹側から


移動書架


移動書架。夜間はアウトドアライブラリー内に収納される。

■建築概要
URBAN PICNICについて
開催日時
日 程:2017年 7月15日(土)~11月5日(日)
時 間:秋季 平日11:00~19:00 土日祝10:00~19:00
会 場:東遊園地 〒650-0001 神戸市中央区加納町6-4-1
ウェブサイト:http://urbanpicnic.jp/
設計:
タトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所
担当/島田陽 佐藤伸彦 水谷潤
構造: tmsd萬田隆構造設計事務所
施工:住僖 
スチールフレーム製作:橋爪工作所
什器製作:キョーワ・テクノ
ファブリック協力/森山茜
プロデュース :一般社団法人リバブルシティイニシアティブ

規模:敷設面積 214 ㎡


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact