村野藤吾による”南センタービル”と”千里市民センター”が解体の危機

( )

Photo at random

村野藤吾による”南センタービル”と”千里市民センター”が解体の危機

architecture

村野藤吾による"南センタービル"と"千里市民センター"が解体の危機にあるようです

読売新聞の"村野藤吾設計「昭和の名建築」解体の危機…保存訴えも"という記事より。

村野藤吾(1891~1984)が設計した大阪・千里ニュータウンの「南センタービル」と隣接の「千里市民センター」が取り壊されることになり、木多道宏・大阪大准教授らが近く、大阪府と地元の吹田市に保存要望書を提出する。


京都工芸繊維大学の笠原一人・京都工芸繊維大助教のコメントも紹介されています。

高度成長期の建造物は、まだ文化的価値が定まっていない。このままでは名建築も失われてしまう

docomomoのサイトによると、学習院大学ピラミッド校舎の解体も始まっているようです。


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact