book『アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容』のプレビュー

( )

Photo at random

book『アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容』のプレビュー

architecture, book

_MG_1830.jpg

書籍『アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容』がamazonで発売されています

書籍『アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容』がamazonで発売されています。吉村靖孝塚本由晴の対談、原広司と池上高志の対談、藤村龍至+東洋大学藤村研究室+東京理科大学藤村ユニットの"THE 2.0 CITY"などを収録。ここでは、書籍の本としての質感や中身をプレビューします。


_MG_1836.jpg
_MG_1838.jpg
_MG_1832.jpg
以下、書籍の概要です。
**********
コンピュータのシステムやプログラム、インターネットのサービス、人間をコントロールする環境管理型の技術、社会やモノの構造・深層、そしてそれらの設計などを意味し、近年、多様な場面で使われている「アーキテクチャ」。また、多様な展開をしているGoogleや、インターネットに常時接続可能な環境がインフラストラクチャーとして整備された今「クラウド」と呼ばれるネットワークのあり方が現実化している。クラウドによる変革は、かつての電力によるそれにたとえられ、社会や産業の構造、都市や国家のあり方を変えるとも言われている。
情報環境のアンビエント化・インフラ化が、地球規模でスピーディに進行し、生活やコミュニケーションのあり方、内面の領域にまで深く関わりつつある中で、建築・都市・空間はどう変容していくのか。それぞれ専門の著者による、対談・インタビュー・リサーチを収録。
■原広司×池上高志
生物メタファーではない抽象的な生命 | 内容と表現/構造とエフェクト | 特異点の現象 | 風と共にある建築/サウンドスケープ | 均質空間・ガルダイア・離散的集落 | 愛されるシステム| 生命の履歴 | 建築の倫理・科学の倫理とアーキテクチャ
■吉村靖孝×塚本由晴
新世代情報アーキテクチャの空間と実空間 | 建築におけるクラウド | 地域の時間・地域の発見 |「パブリック」と社会設計 | 今再び様式と総体性 | 工学主義とプラグマティズム | クライアント固有の歴史 | 文化人類学的な知性が蓄積された建築 | 建築の生態系 | ヴァナキュラー建築のあり様
■柄沢祐輔×掬矢吉水
均質空間と離散空間 | Google的一望性 | 地図と認知、非ユークリッド的なユークリッド空間 | 分裂的自己と内部観測 | 離散空間の経験 | アルゴリズム建築の美学の可能性 | ネットワーク構造の編み換え
■森川嘉一郎
〈趣味〉のアーカイブを目指して | 人の流れと界隈 | ウェブと現実の都市の流動性
■藤村龍至+東洋大学藤村研究室+東京理科大学藤村ユニット
「THE 2.0 CITY」
検索可能性=図式的明瞭性/遭遇可能性=空間的刺激 | ユビキタス/レガシーシステム | スプローリング/シュリンキング | トップダウン/クラウド
■大山エンリコイサム×南後由和
都市空間と情報空間の一元化 | ハブとリンク/タギング | リンクの動作と痕跡 | 都市論的・社会学的空間読解 | 物理的レイアウトの操作・転用 | アーキテクチャによるアウトプットの変容 | 進行形のグラジェントマップ | コンテクストの観察と改編 | アーキテクチャの把握、表層との架橋 | 「顔」と認証 | 匿名性と自由
■写真・構成:浦部裕紀
アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容
原 広司 池上 高志 吉村 靖孝 塚本 由晴 藤村 龍至 柄沢 祐輔 掬矢 吉水 森川 嘉一郎 南後 由和 大山 エンリコイサム
4990543602


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact