藤本寿徳建築設計事務所による”那須の家”

( )

Photo at random

藤本寿徳建築設計事務所による”那須の家”

architecture, feature

20101115_483.jpg
photo©Kazunori Fujimoto

藤本寿徳建築設計事務所が設計した"那須の家"です。


20101115_458.jpg
20101115_464.jpg
20101115_504.jpg
20101116_373.jpg
20101116_541.jpg
20101116_565.jpg
20101116_572.jpg
20101116_578.jpg
20101116_605.jpg
20101116_634.jpg
20101116_645.jpg
20101116_679.jpg
20101116_685.jpg
20101116_689.jpg
20101116_697.jpg
20101116_403.jpg
20101116_427.jpg
20101116_712.jpg
fujimoto-sama-nasu.jpg
以下、建築家によるテキストです。
**********
「那須の家」
栃木県那須町の標高550mの高さに建つ週末住宅である。敷地は昔ゴルフ場だったものを別荘用地へと開発した住宅地にある。別荘地であるが半数は定住で、住宅地の雰囲気はゆとりのある新興住宅地のようでもある。この区画にはOBの樹々が残っていた。
敷地の周囲は道路や隣家が近いため、プライバシーを守ることと、北欧的な柔らかく包まれるような室内をつくることを目指した。閉じた空間と自然とのつながり方がテーマとなった。
周囲のいかにも別荘らしいかわいい建物群の中にあって、凛とした佇まいで、樹々の中にひっそり隠れるように建物を配置した。建物中に入ると、抽象的な室内空間に自然の景色や色そして光が拡散し充満するような静謐な空間を目指した。
7.0x7.5m平面の天井の高いワンルームの室内は白く抽象的な空間となっている。樹々に向かって開けられた大きな開口は縦方向に高く、引き残しのない全開放が可能な引戸である。中庭側の開口は横方向に低く外部を取り込んでいる。
収納や台所といった生活を想起させるものは窓と同じ白いカーテンで覆っている。窓、収納、台所の区別が無くなり、抽象的な空間はカーテンを開けることで、生活の機能を獲得できるようになっている。室内に現れる色は床と家具に使われた木の色、カーテンや壁の白色のみに限定している。その白い空間は季節や天気によって変わる自然の色、光が充満し彩られる。
室内に設けたコンクリートの独立壁はモノリスである。抽象的な存在感と物質性を持ちながらも、空間をゆるやかに分割し、生活を秩序づけるように機能している。
延床面積は85.4m2である。
(藤本寿徳)


前後の記事を読む

RSSフィード

このサイトの最新情報をRSSフィードで配信しています。
RSS RSSリーダーで購読する

メールマガジン

メールマガジンで最新の情報を配信しています。
»メールで architecturephoto.netを購読する

情報募集

建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
»詳しくは、こちらをどうぞ

Search"サイト内検索"

amazon search"書籍検索"

最新ニュースを受け取る

feature"特集記事"

remarkable"注目情報"

book"書籍情報"

Exhibitions"展覧会情報"

Competitions"コンペ情報"

最近のTopics

AD

広告掲載ついてはこちらにどうぞ

ap job"求人情報"

ap product"建材情報"

ap books"入荷情報"

Tags

※ニュース・リリースなどはこちらのフォームをご利用ください
>>contact