ワークショップ”高山建築学校”

1.56 ワークショップ”高山建築学校”

ワークショップ”高山建築学校”が2008年度の参加者を募集しています

ワークショップ”高山建築学校“が2008年度の参加者を募集しています。ウェブサイトに概要やワークショップ風景の写真が掲載されています。

高山建築学校は10日間のものづくりワークショップです。岐阜県飛騨市の古民家
を利用し合宿形式で行われます。講師には建築家・彫刻家・写真家などを招き、
講義やセルフビルドなどを通して「『つくる』ということは何か」を学ぶ場所で
す。

開催期間や、申込締切日などの情報は以下に掲載します。

book”建築家の自由―鬼頭梓と図書館建築”
サムネイル:book

0.79 book”建築家の自由―鬼頭梓と図書館建築”

書籍”建築家の自由―鬼頭梓と図書館建築”の概要が建築ジャーナルのサイトに掲載されています

書籍”建築家の自由―鬼頭梓と図書館建築“が発売されています。松隈洋による文章や建築家・クライアントへのインタビューも収録。
以下、建築ジャーナルの担当編集者 山崎泰寛によるショートコメントです。

『建築家の自由』には、
鬼頭梓という建築家が「図書館」という施設に運命的に出会ったこと、
そして、近代的な「個人」を大切にする方法が
図書館建築を革命的に発展させた経緯が綴られています。

本書を読む人は誰もが、
公共図書館というビルディングタイプが生まれる
歴史的瞬間を目の当たりにするでしょう。
それはごつごつと存在を主張する建築ではなく、
われわれの良く見知った、
でも、誰も知らなかった空間です。

建築家の自由―鬼頭梓と図書館建築
486035060X
鬼頭 梓


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

pen最新号(225号)”倉俣史朗の仕事。” ウェブ版”これ、誰がデザインしたの?”
サムネイル:ウェブ版

0.03 ウェブ版”これ、誰がデザインしたの?”

“これ、誰がデザインしたの?”のウェブ版がありました

デザインの現場による“これ、誰がデザインしたの?”のウェブ版がありました。著者と編集者によるコラムを読むことができます。(via the world is not enough)

これ、誰がデザインしたの? 続 (2)
4568503523
デザインの現場編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

movingcities.orgによるORDOS100フェーズⅡの建築家のプレゼンテーションのレポート2 吉村靖孝のウェブサイトがリニューアル movingcities.orgによるORDOS100フェーズⅡの建築家のプレゼンテーションのレポート

0.06 movingcities.orgによるORDOS100フェーズⅡの建築家のプレゼンテーションのレポート

movingcities.orgにORDOS100フェーズⅡの建築家のプレゼンテーションのレポートがあります

movingcities.orgに、内モンゴルのオルドスに世界中から選ばれた建築家がヴィラを作るプロジェクト”ORDOS100“のフェーズⅡの建築家のプレゼンテーションのレポートが掲載されています。写真が40枚。

臨海副都心の12万平米複合施設の設計者に伊東豊雄が ヘルツォーク&ド・ムーロンがロード・クリケット場のマスタープランのコンペに勝利

0.06 ヘルツォーク&ド・ムーロンがロード・クリケット場のマスタープランのコンペに勝利

ヘルツォーク&ド・ムーロンがロード・クリケット場のマスタープランのコンペに勝利しています

H&deMがイギリスのロード・クリケット場のマスタープランのコンペに勝利しています。H&deMは、デビッド・チッパーフィールドやホプキンス・アーキテクツを打ち破って設計者に選ばれたとの事。
まだ、計画のイメージなどは発表されていません。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。