10+1のサイトの建築系ラジオr4が更新

0.03 10+1のサイトの建築系ラジオr4が更新

10+1のサイトの建築系ラジオr4が更新されています

10+1のウェブサイトの建築系ラジオr4が更新されています。
■全体討議 建築国際展とは何か1 国際展の歴史について
■全体討議 建築国際展とは何か2 ヴェネチア・ビエンナーレ2008「エクストリーム・ネイチャー」
■全体討議 建築国際展とは何か3 バブル期と現在「TRANSFIGURATIONからリスボンまで」
■全体討議 建築国際展とは何か4 Visions of Japan
■全体討議 建築国際展とは何か5 リスボン建築トリエンナーレと横浜トリエンナーレ
の五本を聞く事ができます。

DETAIL JAPAN、最新号(2009年1月号) 第4回 ダイワハウス住宅設計コンペの入賞作品[結果] 建築・芸術・産地のコラボレーションによる”文五郎倉庫”
サムネイル:建築・芸術・産地のコラボレーションによる

23.47 建築・芸術・産地のコラボレーションによる”文五郎倉庫”

ev_in03_t.jpg

ex01a_u.jpg

陶芸産地・信楽のある窯元に存在した築50年の倉庫を改装した”文五郎倉庫“です。新しく生まれ変わった倉庫には、ギャラリーやレクチャールームといった機能が与えられています。
この建物改装については、総合ディレクションを、陶芸家の松井利夫、建築家の上田篤が行った。そして、内外装設計については建築家の田所克庸、上田篤(un voice一級建築士事務所)、グラフィックデザインについてはアーティストの八木良太、家具制作、展示企画・構成についてはアーティストの小山真有が携わっている。そして、施工・協力は株式会社 朝日ホームである。
また彼らは皆、京都造形芸術大学の教員でもある。それが、この建築・芸術・産地の垣根を越えたコラボレーションを実現する事ができた理由の一つになっているのだろう。

※現在、「文五郎窯歴代展 〜雑器に見る生活様式の変遷〜」を開催中。
http://www.bungoro.com/

a+u、最新号(2009年1月号)
サムネイル:a+u、最新号(2009年1月号)

0.09 a+u、最新号(2009年1月号)

新建築社のサイトに、a+uの最新号(2009年1月号)の目次が掲載されています

新建築社のウェブサイトに、a+uの最新号(2009年1月号)の目次が掲載されています。特集”写真/発想の源─写真から読み解く建築家の思考”です。プレビュー画像を3枚見ることができます。

a+u (エー・アンド・ユー) 2009年 01月号 [雑誌]
B001NIDN70


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。