トラフによる”NISSAN Y150ドリームフロント”
谷尻誠 / suppose design office+今川憲英 / TIS&PARTNERS+復建技術コンサルタントによる平和大橋歩道橋コンペ案”教育の橋-刻と呼応する橋-“
サムネイル:谷尻誠 / suppose design office+今川憲英 / TIS&PARTNERS+復建技術コンサルタントによる平和大橋歩道橋コンペ案

116.59 谷尻誠 / suppose design office+今川憲英 / TIS&PARTNERS+復建技術コンサルタントによる平和大橋歩道橋コンペ案”教育の橋-刻と呼応する橋-“

heiwaoohashi003.jpg

谷尻誠 / suppose design office + 今川憲英 / TIS&PARTNERS + 復建技術コンサルタントによる平和大橋歩道橋コンペ案”教育の橋-刻と呼応する橋-“です。このコンペは、イサム・ノグチが高欄をデザインした平和大橋の脇に、新しく建設される歩道橋のデザインを競うものであった。広島市が主催したこのコンペに世界中から応募が寄せられた。その応募案の中から最優秀に選ばれたのは、大日本コンサルタント中国支店の作品”時空の扉”である。谷尻らの提案”教育の橋-刻と呼応する橋-“は最終候補に残っていた。ここでは、谷尻らの提案を紹介する。

darco magazine、08号のオンライン版 住宅特集、最新号(2009年6月号)
サムネイル:住宅特集、最新号(2009年6月号)

0.15 住宅特集、最新号(2009年6月号)

新建築社のサイトに、住宅特集の最新号(2009年6月号)の概要が掲載されています

新建築社のウェブサイトに、住宅特集の最新号(2009年6月号)の概要が掲載されています。特集”家のあかり 暮らしを照らすあかり計画”です。フォルム・木村浩一建築研究所の”拡散する家“、新関謙一郎の”NRS”と”KHB”。掲載作品として、谷尻誠名和研二の”北鎌倉の家”などが。青木淳の連載”いま、住宅をつくるときに考えること”のゲストはスキーマの長坂常です。掲載作品のプレビュー画像つき。

新建築 住宅特集 2009年 06月号 [雑誌]
B00287GP1G


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アンサンブル・スタジオによる”SGAE Central Office”

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。