GRAPHについての書籍『ブランドは根性』
サムネイル:GRAPHについての書籍『ブランドは根性』

0.00 GRAPHについての書籍『ブランドは根性』

GRAPHについての書籍『ブランドは根性』がamazonで販売されています

北川一成のGRAPHについての書籍『ブランドは根性』がamazonで販売されています。北川一成と槇文彦、朝倉健吾の鼎談も収録。

従業員45人と小さい会社ながら、高い質と独自のクリエーティビティーで世界にも名を知られる印刷会社「GRAPH」。下請けの仕事をほとんどせず、仕事の4割は海外の高級ブランドからの仕事を直接請け負い、これらブランドからデザインと印刷の「駆け込み寺」として高い地位を築いている。その高い付加価値の源泉はいったい何なのか。GRAPHと、同社と付き合うさまざまな企業の証言を元に、地方の中小企業が世界で戦っていくためのブランド作りのあり方を解説した。

ブランドは根性 世界が駆け込むデザイン印刷工場「GRAPH」のビジネス

特集”ミラー&マランタ”
サムネイル:特集

1,417.68 特集”ミラー&マランタ”

Gotthard04.jpg
サン・ゴッタールドのホテル/2005-2009

architecturephoto.netでは、スイスの建築家ミラー&マランタを特集します。(※彼らの代表的な作品を写真と日本語のテキストによって段階的に紹介していきます。)

ミラー&マランタは、クイントゥス・ミラーとパオラ・マランタによる設計事務所でスイス・バーゼルを拠点に様々な建築を生み出している。共にスイス連邦工科大学チューリッヒ校(以下、ETHZ)で学び、ミラーは1987年に、マランタは1986年に同校を卒業している。そして1994年に共同で設計事務所を設立した。
同世代で国際的に活躍しているスイスの建築家としてはギゴン&ゴヤークリスチャン・ケレツを挙げることができる。(アネット・ギゴンとマイク・ゴヤーの二人は1984年にETHZを卒業、クリスチャン・ケレツは1988年にETHZで修士号を取得。)
スイスの最も著名な建築家となったヘルツォーク&ド・ムーロンの二人がETHZを卒業したのが1975年であるから、より若い世代の建築家であると言えるだろう。

近年、国際的にも、スイス人建築家が注目を集めている。
ヘルツォーク&ド・ムーロンはもちろんのこと、EM2NHHFクリスト+ガンテンバインなど若い世代の活躍も目覚ましい。彼らはインパクトを持った形態の建築を生み出し、見るものを魅了する。そして、国際的なコンペでの勝利や、国内外の様々なプロジェクトにも関わるなど実績を積み上げている。

このようにスイスの建築が様々な場面で注目を集めているのだが、ミラー&マランタの作る建築は彼らのそれとは少し異なっている。

ミラー&マランタは特別なアイデアによって「建築」をつくるというアプローチをとらない。過去の遺産を参照しながら、緻密な設計、プロポーションの操作、素材の選択、等を地道に行い、それらを集積させることによって出来る限り良い建物を作ろうとする。その先に彼らの目指す「建築」があるのである。
先駆者の実験の積み重ねの上に自分が一歩を積み上げることで、少しの新しさと高い質を生み出す。まるで学問のように建物を作り上げていくのである。

過度にオリジナリティを求める日本の風潮も良く理解できる。しかし、それとは異なるアプローチをとるミラー&マランタの建築を、日本の建築界に紹介することも、十分に価値のあることだと思っている。彼らの建築から何かを感じ取ってもらうことができれば嬉しく思う。

谷口吉生と香川県知事の対談記事2010年上海万博の各パヴィリオンの新しい現場写真2010年上海万博の各パヴィリオンの現場写真スミルハン・ラディックのレクチャー動画GENETOによる甲南大学で行われたペチャクチャナイトでのプレゼン動画

0.00 GENETOによる甲南大学で行われたペチャクチャナイトでのプレゼン動画

GENETOが甲南大学で行われたペチャクチャナイトで行ったプレゼンテーションの動画です。

今回の会場である甲南大学には建築学科はなかったので、建築的な話はせず、GENETOの経営戦略としての建築設計手法である「ポジティブ デフレーション」について話す事にしました。

ヴィール・アレッツによる”ホテル・ゼンデン”ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクがクリス&ティボーのためにデザインしたバッグ

0.00 ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクがクリス&ティボーのためにデザインしたバッグ

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクがクリス&ティボーのためにデザインしたバッグの写真がHighsnobiety.comに掲載されています

ウォルター・ヴァン・ベイレンドンクがクリス&ティボーのためにデザインしたバッグの写真が14枚、Highsnobiety.comに掲載されています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。