畠山直哉の書籍『話す写真 見えないものに向かって』
サムネイル:畠山直哉の書籍『話す写真 見えないものに向かって』

0.12 畠山直哉の書籍『話す写真 見えないものに向かって』

畠山直哉の書籍『話す写真 見えないものに向かって』がamazonで発売されています

写真家の畠山直哉の書籍『話す写真 見えないものに向かって』がamazonで発売されています。

写真家畠山直哉が真摯に語りかける”写真の今”
石灰石鉱山の写真集『LIME(ライム) WORKS(ワークス)』で一躍注目を浴び、いまや日本のみならず世界的に活躍する写真家・畠山直哉。石灰工場、石灰石鉱山の発破の瞬間、都市のビル群などのたぐいまれに美しいプリントで多くのファンを獲得している。撮影対象の面白さと写真の美しさで話題になることの多い畠山だが、いっぽうで「ことばを発する写真家」としても知られている。
本書は、畠山のことばの中から、講演・講義といった、「話された写真」についてのものを集めて、一冊にまとめる。畠山の〈見ること、認識すること、考えること〉から紡ぎ出された写真についてのことばの中から、さらに、聞き手に伝え、理解を促すことを念頭に考えられた「話し言葉としての写真論」を並べてみると、思考と認識の手段として写真を選んだ、日本にこれまでにあまりいなかった「考える写真家・畠山直哉」が浮かび上がってくる。「写真とは何か」ということを絶えず問い続ける真摯なひとりの写真家の姿である。デジタル時代をむかえて、大きく概念を変えつつある写真について、もういちどきちんと考えるきっかけとなる一冊としたい。

話す写真 見えないものに向かって
畠山 直哉
409388112X

住宅特集、最新号(2010年8月号) マルタン・マルジェラのアトリエの写真と動画 中村竜治による”cut-out paper house” レム・コールハースがヴェネツィア・ビエンナーレ建築展の金獅子賞に

0.12 レム・コールハースがヴェネツィア・ビエンナーレ建築展の金獅子賞に

レム・コールハースがヴェネツィア・ビエンナーレ建築展の金獅子賞に選ばれています

レム・コールハースがヴェネツィア・ビエンナーレ建築展の金獅子賞に選ばれています。生涯業績部門の金獅子賞には篠原一男が選ばれています。(via ARTiT_Tokyo on twitter)

下川徹/stadによる”Unagi”

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。