old book『KIKUTAKE 菊竹清訓作品集1~3揃』

4.68 old book『KIKUTAKE 菊竹清訓作品集1~3揃』

古書『KIKUTAKE 菊竹清訓作品集1~3揃』がアーキテクチャーフォトブックスで販売されています

古書『KIKUTAKE 菊竹清訓作品集1~3揃』がアーキテクチャーフォトブックスで販売されています。詳しい状態や概要はリンク先でご確認ください。

菊竹清訓の作品集1巻~3巻のセットです。
一巻、「型」の展開、2巻、「型」の概念、3巻、日本型住宅というタイトルが付けられています。
1992年までの作品や計画案などを豊富に収録されています。非常に資料性の高い三冊です。

シャーメイン・レイとカルラス・ムロによるスペイン・マヨルカ島のマーケットホール「Inca Public Market」の写真

0.18 シャーメイン・レイとカルラス・ムロによるスペイン・マヨルカ島のマーケットホール「Inca Public Market」の写真

シャーメイン・レイとカルラス・ムロによるスペイン・マヨルカ島のマーケットホール「Inca Public Market」の写真がdezeenに掲載されています

シャーメイン・レイとカルラス・ムロが設計したスペイン・マヨルカ島のマーケットホール「Inca Public Market」の写真と図面が17枚、dezeenに掲載されています。

小松隼人による愛媛の住宅「今治の家」の写真 h アルキテクトスによるスペイン・バルセロナの住宅「house 712」の写真 AMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の写真

0.62 AMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の写真

AMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の写真がdomuswebに掲載されています

AMOとアーティストのフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインしたパリの「24 h Museum」の写真が8枚、domuswebに掲載されています。

エンバイシャダ・アルキテクトゥラによるポルトガルの既存建物を展示スペースなどに改修した「Casa dos Cubos」の写真

0.50 エンバイシャダ・アルキテクトゥラによるポルトガルの既存建物を展示スペースなどに改修した「Casa dos Cubos」の写真

エンバイシャダ・アルキテクトゥラによるポルトガルの既存建物を展示スペースなどに改修した「Casa dos Cubos」の写真がarchidailyに掲載されています

エンバイシャダ・アルキテクトゥラが設計したポルトガルの既存建物を展示スペースなどに改修した「Casa dos Cubos」の写真が23枚、archidailyに掲載されています。

レム・コールハースらによるメタボリズム本の日本語版 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…』
サムネイル:レム・コールハースらによるメタボリズム本の日本語版 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る...』

1.71 レム・コールハースらによるメタボリズム本の日本語版 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…』

レム・コールハースらによるメタボリズム本の日本語版 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…』がamazonで予約受付中です

レム・コールハースらによるメタボリズム本の日本語版 『プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…』がamazonで予約受付中です。リンク先にプレビュー画像や概要などが掲載されています。

ある時、ある国が戦争を始めたが、大陸を征服したと思いきや、内地の国土が二発の原子爆弾によって破壊された……戦勝国は敗戦国に民主主義を強要する。
だが、未来像を描く師に導かれた建築家・アーティスト・デザイナーの卵たちのグループにとって、国家の危機は重くのしかかるどころか、新しい都市像を掻き立てるものだった……
それぞれの性格はかなり違うものの、彼ら建築家たちは夢の実現に向けて力を合わせた。創造的なスーパー官僚と行動的な国家からの堅固な支援を受けて……
孵化から15年後、彼らは新しい建築で世界を驚かせた─メタボリズム─国土全体を根本的につくり直す提案である……
やがて新聞、雑誌、テレビが、建築家たちをヒーローに仕立て上げる。知性派と行動派と。どちらにせよ完璧な現代人だ……
勤勉さと折り目正しさ、そしてあらゆる類いの創造性が一体となり、彼らの国・日本は、世界的にまばゆいばかりの範例となった……
オイルショックが西欧の終焉の口火を切ったとき、日本の建築家たちは世界各地に活動の場を広げ、ポスト西欧の美学を確立しはじめる……

2005年から2011年の長期にわたり、建築家のレム・コールハースとキュレーターのハンス=ウルリッヒ・オブリストは、メタボリズムの現存者をはじめ、彼らの師、仕事仲間、ライバル、批判者、弟子、家族たちへのインタビューを行った。
その集大成として作られた本書は、世界最後の前衛運動を生き生きと映し出し、建築が私的な現象ではなく、パブリックのためのものであった最後の瞬間を捉えたドキュメンタリーとなっている。

インタビューした人々=磯崎新、加藤敏子、菊竹清訓、川添登、槇文彦、黒川紀章、栄久庵憲司、丹下孝子、丹下憲孝、下河辺淳、大高正人 AND 浅田彰、合田周平、原広司、泉眞也、チャールズ・ジェンクス、神谷宏治、加藤秀俊、川口衞、大西隆、大谷幸夫、田村明、東松照明、八束はじめ 後記=伊東豊雄

プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る…
レム コールハース ハンス ウルリッヒ オブリスト 太田 佳代子
458254438X

レム・コールハースのAMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の画像

1.32 レム・コールハースのAMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の画像

レム・コールハースのAMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の画像がdesignboomに掲載されています

レム・コールハースのAMOとフランチェスコ・ヴェツォーリがプラダのためにデザインした「24 h Museum」の画像が9枚、designboomに掲載されています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。