Facet Studioによる新潟の住宅「M House」の写真など
坂井直樹と田中浩也の対談 「[もの]をつくるということ」 old book『Herzog & de Meuron ヘルツォーク&ド・ムーロン』

41.44 old book『Herzog & de Meuron ヘルツォーク&ド・ムーロン』

古書『Herzog & de Meuron ヘルツォーク&ド・ムーロン』がアーキテクチャーフォトブックスで販売されています

古書『Herzog & de Meuron ヘルツォーク&ド・ムーロン』がアーキテクチャーフォトブックスで販売されています。

「ヘルツォーク&ド・ムーロン展:知覚への探求」に合わせて出版された書籍。ジャック・ヘルツォークとピエール・ド・ムーロンのインタビューを収録。また、コラボレーションしていたアーティスト、レミー・ツォーク(Remy Zaugg)やトーマス・ルフ(Thomas Ruff)などのインタビューも収録されています。ヘルツォーク&ド・ムーロンが建築の表層を探究していた時代の理論を日本語で読むことができます。

目次

単調さの衝撃 レイモンド・ライアン
建築の表情として知覚される概念 吉良森子

アーバン・プロジェクト
1.ニコラウス・クーネルトによるジャック・ヘルツォーク、ピエール・ド・ムーロンとの対話

アーティストとのコラボレーション
2.ジャック・ヘルツォークとカトリーヌ・ヒュツェラーとの対話
3.レミー・ツォークとカトリーヌ・ヒュツェラーとの対話
4.トーマス・ルフとカトリーヌ・ヒュツェラーとの対話

3つのプロジェクト
5.テート・ギャラリー現代美術館(ジャック・ヘルツォーク、ハリー・グッガー)
6.クンストキステ<アートの箱>(クリスティン・ビィンズヴァンガー)
7.ドミナス・ワイナリー(ピエール・ド・ムーロン)

book『HELLO WORLD 「デザイン」が私たちに必要な理由』
サムネイル:book『HELLO WORLD 「デザイン」が私たちに必要な理由』

227.50 book『HELLO WORLD 「デザイン」が私たちに必要な理由』

書籍『HELLO WORLD 「デザイン」が私たちに必要な理由』がamazonで発売されています

書籍『HELLO WORLD 「デザイン」が私たちに必要な理由』がamazonで発売されています。リンク先に中身のプレビュー画像が5枚掲載されています。

なぜ私たち1人1人が「デザイン」を考えることが必要なのか?

デザインは、賢く使えば、喜びや選択肢、力、美しさ、快適さ、品性、感受性、思いやり、信念、野心、安心、繁栄、多様性、仲間意識をはじめ、さまざまなものを与えてくれます。しかし悪用すれば、無駄や混乱、屈辱、恐怖、怒り、それに危険さえも招きます。人は一人としてデザインの影響を受けずにいることはできません。なぜならデザインは、この世界に遍在する要素であり、自覚はなくても、私たちがどのように感じ、行動し、人からどう見えるかを左右するものだからです。

デザインとは何か。良いデザインと悪いデザインの違いとは何か。それぞれが生活に与える影響とは何か。科学の発達が進む中これからのデザインはどのように進化するのか。本書では、デザインの起源にさかのぼって、著者独自の膨大な事例に基づいたデザイン史を総括しながら、考察を深めていきます。現代の私たちの生活にデザインがいかに入り込んでいるか。どのように企業の戦略として使われているのか。アートとの違いは何か。誰のためにあるものなのか。いまデザインにおいて何を考えるべきかを、さまざまな具体例を挙げながら解明する一冊です。

──────
アリス・ローソーンはデザイナーから最も尊敬されるデザイン評論家で、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙にデザインについてのコラムを書いていた。インタビューのとき私は不思議な感覚をおぼえた。彼女は質問に対する私の答えを既に知っている気がしたのだ。同時にこの膨大なデザインの知の集大成を読みながら既知感覚ともいえる共感の喜びを感じている自分がいることにも気付いた。
この本は「デザインの事実」だし、論理ではなく「デザインの定義」の多義性を何一つ漏らさず詰め込んでいる。デザインという危うい美的な印象を持ちかねない言葉に疑いをも持つ、誰もの矛盾する本音にはっきりと触ってもいる。
「デザインとは何か」。デザインはこの一冊で理解し尽くせると確信している。
──深澤直人(デザイナー)

HELLO WORLD 「デザイン」が私たちに必要な理由
アリス・ローソーン 石原 薫
4845913097

青木淳が設計して建設が進められている「三次市民ホール」の現場常駐スタッフによるブログが公開

295.54 青木淳が設計して建設が進められている「三次市民ホール」の現場常駐スタッフによるブログが公開

青木淳が設計して建設が進められている「三次市民ホール」の現場常駐スタッフによるブログが公開されています

青木淳が設計して建設が進められている「三次市民ホール」の現場常駐スタッフによるブログが公開されています

ザハ・ハディドが設計して完成した香港理工大学の「innovation tower」の写真

110.02 ザハ・ハディドが設計して完成した香港理工大学の「innovation tower」の写真

ザハ・ハディドが設計して完成した香港理工大学の「innovation tower」の写真がdesignboomに掲載されています

ザハ・ハディドが設計して完成した香港理工大学の「innovation tower」の写真が13枚、designboomに掲載されています。

ブルレック兄弟がベルサイユ宮殿のためにデザインしたシャンデリア「Gabriel Chandelier」の動画 中銀カプセルタワービルの現在に注目したリスボンでの展覧会「anticlimax: a report on the metabolist dream」の会場写真

284.51 中銀カプセルタワービルの現在に注目したリスボンでの展覧会「anticlimax: a report on the metabolist dream」の会場写真

中銀カプセルタワービルの現在に注目したリスボンでの展覧会「anticlimax: a report on the metabolist dream」の会場写真がdesignboomに掲載されています

黒川紀章設計の中銀カプセルタワービルの現在に注目したリスボンでの展覧会「anticlimax: a report on the metabolist dream」の会場写真が13枚、designboomに掲載されています。この展示は2013リスボン建築トリエンナーレの一環として行われているものだそう。

青木茂が設計を手掛けている築43年のマンションを改修し分譲として販売するプロジェクト「千駄ケ谷緑苑ハウス」のレポート

236.38 青木茂が設計を手掛けている築43年のマンションを改修し分譲として販売するプロジェクト「千駄ケ谷緑苑ハウス」のレポート

青木茂が設計を手掛けている築43年のマンションを改修し分譲として販売するプロジェクト「千駄ケ谷緑苑ハウス」のレポートがkenplatzに掲載されています

青木茂が設計を手掛けている築43年のマンションを改修し分譲として販売するプロジェクト「千駄ケ谷緑苑ハウス」のレポートがkenplatzに掲載されています。不動産プロモーションサイトはこちら

BIGのチームによるフランス・モンペリエの人体博物館設計コンペの勝利案

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。