隈研吾が設計した南青山の店舗「サニーヒルズジャパン」が12月21日にオープンするそうです

0.00 隈研吾が設計した南青山の店舗「サニーヒルズジャパン」が12月21日にオープンするそうです

隈研吾が設計した南青山の店舗「サニーヒルズジャパン」が12月21日にオープンするそうです

隈研吾が設計した南青山の店舗「サニーヒルズジャパン」が12月21日にオープンするそうです。公式ウェブサイトはこちら。Google画像検索では、現場写真などを見ることができます。隈研吾のウェブサイトにもCG画像や現場写真があります店舗の場所はこちら

日本の木造建築に伝わる「地獄組み」という名のジョイントシステムを用いて組み上げた、竹カゴ状のパイナップルケーキショップ。通常は2次元で直交する2つの部材を組む時に用いる地獄組みを、このプロジェクトでは、30度の角度を用い、しかも3次元で立体的に組むことによって、厚みのある雲のような構造体を作ることが可能となった。このような立体的システムの採用によって、一つの部材の断面寸法は60mm×60mmにまで細くすることが可能となった。 青山の住宅地の中のストリートに面する建築に対して、コンクリートの箱とは異なる、やわらかで繊細な表情を与えることで、ストリートと建築とが化学反応を起こすことを期待した。
(via http://kkaa.co.jp)

「高谷史郎 明るい部屋」展が東京都写真美術館で開催

0.00 「高谷史郎 明るい部屋」展が東京都写真美術館で開催

「高谷史郎 明るい部屋」展が東京都写真美術館で開催されます

「高谷史郎 明るい部屋」展が東京都写真美術館で開催されます。会期は、2013年12月10日~2014年1月26日。

芸術監督として、国際的な芸術家集団「ダムタイプ」の制作に携わる一方、映像作家としても活躍する高谷史郎の幅広い活動を紹介する美術館における初個展を開催します。

 高谷史郎は、ダムタイプの芸術監督として、パフォーマンスやインスタレーションの制作に携わり、映像、照明、グラフィックや舞台装置デザイン等を幅広く手がけてきました。個人の活動では、映像作家として、自然環境や物理現象への深い洞察に基づく作品や、音楽家ほか多彩なジャンルのアーティストとの協働で作品を制作し、とりわけ近年では、光学的な関心から写真シリーズを発表しています。

 本展覧会のタイトルである「明るい部屋」とは、哲学者ロラン・バルトによって1980年に書かれた写真論の題名であり、画家が風景を手元の紙の上に映し出すために用いた光学装置カメラ・ルシダ(camera lucida、ラテン語)を意味しています。カメラ・ルシダは、今日のカメラの原型とも呼ばれる「暗い部屋(暗箱)」=カメラ・オブスクラ(camera obscura)が、針穴(ピンホール)から入ってくる外光によって倒立像を投影するのとは異なり、「カメラ」(部屋、箱)と呼べる部分を持たず、プリズムや鏡とレンズだけで目の前にある対象物を映し出します。「写真ができる(像が結ばれて定着する)過程は暗箱というブラックボックスの中で起こっているけれども、すべてを明るみのもとにさらすような、そんな構造の舞台をつくってみたかった」として、高谷はパフォーマンス「明るい部屋」を2008年に発表します。舞台そのものをカメラ・ルシダにすることで、高谷はバルトが考えた写真というものに近づこうとしました。

 バルトは、その写真の本質を、「それは=かつて=あった」という実在との関わりに見出しています。絵画は対象を摸倣することができても対象そのものを映し出すことはできません。しかし、写真は対象そのものを映し出し、それ自体が関わる記憶や存在感といったものを、観る者に想起させます。高谷にとって、写真は、あらゆるメディア表現の原点として存在しているのです。
 本展では、インスタレーションとして制作された《Camera Lucida》(2004)、初公開の新作《Toposcan》などを紹介するほか、当館のコレクション作品で、高谷の活動の原点である写真映像の歴史を検証します。

エミール・ルーダーの著書『本質的なもの』
サムネイル:エミール・ルーダーの著書『本質的なもの』

0.00 エミール・ルーダーの著書『本質的なもの』

エミール・ルーダーの著書『本質的なもの』がamazonで発売されています

エミール・ルーダーの著書『本質的なもの』がamazonで発売されています。

スイス・タイポグラフィの巨匠エミール・ルーダー(1914-1970)が雑誌に発表してきたデザイン論「本質的なもの」シリーズの翻訳。「平面」「線」「言葉」「リズム」の各テーマからタイポグラフィと造形の関係を考察する。普及の論文シリーズ、待望の邦訳。

本質的なもの
エミール ルーダー Emil Ruder
4416113560

藤田雄介 / Camp Design inc.による「花畑団地27号棟プロジェクト」の現場レポート UNスタジオによる中国・武漢市のショッピングセンターの写真 クリスチャン・ド・ポルザンパルクによるブラジル・リオデジャネイロのアート施設「cidade das artes」の写真

0.00 クリスチャン・ド・ポルザンパルクによるブラジル・リオデジャネイロのアート施設「cidade das artes」の写真

クリスチャン・ド・ポルザンパルクによるブラジル・リオデジャネイロのアート施設「cidade das artes」の写真がdesignboomに掲載されています

クリスチャン・ド・ポルザンパルクが設計したブラジル・リオデジャネイロのアート施設「cidade das artes」の写真が40枚、designboomに掲載されています。

OMAによる高層ビル「De Rotterdam」にプロジェクションマッピングが行われた際の動画

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。