[ap job 更新] 一級建築士事務所 株式会社やそいち が、設計スタッフを募集中
サムネイル:[ap job 更新] 一級建築士事務所 株式会社やそいち が、設計スタッフを募集中

ap job [ap job 更新] 一級建築士事務所 株式会社やそいち が、設計スタッフを募集中

shin-job-468px

アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

一級建築士事務所 株式会社やそいち の設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードのページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

一級建築士事務所 株式会社やそいちでは、
設計スタッフを募集しています。

一級建築士事務所やそいちは大阪に拠点のある設計事務所です。
戸建住宅から商業、医療、福祉といった幅広い分野において
全国で設計、監理、監修を行っています。
今後のプロジェクトを任せられるバイタリティのある方、
建築が好きで意欲と熱意にあふれた方をお待ちしております。

馬場正尊のオープン・エーが、京都の堀川団地改修プロポーザルで、委託候補者に 谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEの設計で、「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO」が9月にオープン

24.85 谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEの設計で、「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO」が9月にオープン

谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEの設計で、「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO」が9月にオープンするそうです

谷尻誠+吉田愛 / SUPPOSE DESIGN OFFICEの設計で、「泊まれる本屋」がコンセプトのホステル「BOOK AND BED TOKYO」が2015年9月にオープンするそうです。場所は池袋。リンク先にインテリアの画像が2枚掲載されています。

Architecture for the Mass / チャールズ・ライ+鈴木岳彦による、ネパール地震の被災者のためのシェルター
サムネイル:Architecture for the Mass / チャールズ・ライ+鈴木岳彦による、ネパール地震の被災者のためのシェルター

28.32 Architecture for the Mass / チャールズ・ライ+鈴木岳彦による、ネパール地震の被災者のためのシェルター

fukkou001

Architecture for the Mass / チャールズ・ライ+鈴木岳彦による、ネパール地震の被災者のためのシェルターです。

地震が発生した4月25日以降、ネパールでは多くの人的・物的援助が行われてきた。しかしヒマラヤ山脈の麓に位置し、世界最貧国のひとつでもあるこの国では未だ交通網が十分に整備されていないエリアが多く、テントなどの支援物資が諸外国から届いたとしても、それらはなかなか遠隔地の集落まで行き渡らない。結果としてそのような集落では、家を失った人々が自力で仮設住宅を作って生活している。言うまでもなくそれらの仮設住宅の構造は脆弱で、床板も張られていない。雨水は室内に流れ込み、何よりも余震がくれば日干し煉瓦造の壁は簡単に崩れ、さらなる危険を生む。

このような状況をふまえて、私たちは現地で手に入る材料を使った、建設が容易でより快適な住環境のシェルターを提案し、そのプロトタイプを現地で建設した。敷地のある集落は計20戸の仮設住宅を必要としていて、私たちの建設したプロトタイプをもとにして、残りの19戸を住民自身で作り上げるという計画である。
シェルターは、竹のフレームを構造としたものである。多くの集落で安く簡単に入手でき、輸送/加工/組立等の工程も容易な竹は、素人にも扱いやすい。竹同士のジョイントはプラスチック製の結束バンドと針金によるもので、部材の組み方なども含めたこれらのアイデアは、私たちが拠点とする香港で普段から目にしている建設現場の竹製の足場を参考にした。雨期に対応するため床を持ち上げ、切妻屋根をのせている。また外皮の外側にある正方形のフレームが構造を補強している。屋根材と壁材はそれぞれその集落で入手可能だったトタンとアルミニウムシートを用いている。

シグアード・レヴェレンツの洋書書籍『Sigurd Lewerentz, Architect: 1885-1975』
サムネイル:シグアード・レヴェレンツの洋書書籍『Sigurd Lewerentz, Architect: 1885-1975』

4.68 シグアード・レヴェレンツの洋書書籍『Sigurd Lewerentz, Architect: 1885-1975』

シグアード・レヴェレンツの洋書書籍『Sigurd Lewerentz, Architect: 1885-1975』がamazonで発売されていました

シグアード・レヴェレンツの洋書書籍『Sigurd Lewerentz, Architect: 1885-1975』がamazonで発売されていました。2015年2月に出版された書籍です。こちらのページで中身の画像を6枚見る事が出来ます

Sigurd Lewerentz, Architect: 1885-1975
Janne Ahlin
3906027481

ミラノ国際博覧会で開催した日本建築の模型の展覧会「『建築倉庫』ミラノトリエンナーレ建築模型展」の出品作品の写真

9.79 ミラノ国際博覧会で開催した日本建築の模型の展覧会「『建築倉庫』ミラノトリエンナーレ建築模型展」の出品作品の写真

ミラノ国際博覧会で開催した日本建築の模型の展覧会「『建築倉庫』ミラノトリエンナーレ建築模型展」の出品作品の写真が、asahi shinbun degital andに掲載されています

ミラノ国際博覧会で開催した日本建築の模型の展覧会「『建築倉庫』ミラノトリエンナーレ建築模型展」の出品作品の写真40枚が、asahi shinbun degital andに掲載されています。隈研吾ら著名建築家の模型作品を見る事が出来ます。
一口に建築模型といっても、建築家毎に、その表現・作り方は様々です。その模型が何を表現しようとしているのか、どのようにつくられたのか、に注目してみても面白いと思います。

トラフ建築設計事務所による、西武池袋本店の屋上の改修計画「食と緑の空中庭園」
サムネイル:トラフ建築設計事務所による、西武池袋本店の屋上の改修計画「食と緑の空中庭園」

57.53 トラフ建築設計事務所による、西武池袋本店の屋上の改修計画「食と緑の空中庭園」

ikesei_000_shinichi_sato

ikesei_00_shinichi_sato
all photo©佐藤振一

トラフ建築設計事務所による、西武池袋本店の屋上の改修計画「食と緑の空中庭園」です。

池袋駅に直結する西武池袋本店の屋上の改修計画。閑散としていた屋上を、都会にいながらも季節を感じることができる庭園とし、また様々なフードを提供する活気のある場所として生まれ変わらせる。
印象派の風景画をモチーフに、屋上全体を水面に見立てて青色のタイルを敷き詰め、水面に浮かぶ蓮の葉をイメージした円形のデッキによって屋上空間に居場所をつくりだす計画とした。デッキの上にはパラソルや円形の家具が置かれ、いくつもの円形が層状に重なってフラットな屋上に起伏をつくる。円形デッキは足元の間接照明によって浮かび上がり、夕暮れから夜にかけて色を変化させることで、パラソルの照明と共に夜間の演出を担う。また、屋上全体を緑化された壁面が覆い、池袋駅周辺の喧騒を和らげている。

[ap job 更新] 篠崎弘之建築設計事務所が、設計スタッフを募集中
サムネイル:[ap job 更新] 篠崎弘之建築設計事務所が、設計スタッフを募集中

ap job [ap job 更新] 篠崎弘之建築設計事務所が、設計スタッフを募集中

shin-job-468px

アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

篠崎弘之建築設計事務所の設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードのページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

篠崎弘之建築設計事務所では、新規の設計スタッフを募集します。
弊社では国内外で幅広く、建築の設計監理の経験を得ることが出来ます。下記内容をご確認の上、ぜひご応募くださいませ。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。