old book『新建築2004年 12冊セット』
wallpaper*による、注目を集める建築家を紹介する特集「Architects Directory 2015」 2016年2月から水戸芸術館で行われる田中功起展のための映像作品への参加者を募集中

1.65 2016年2月から水戸芸術館で行われる田中功起展のための映像作品への参加者を募集中

2016年2月から水戸芸術館で行われる田中功起展のための映像作品への参加者を募集しています

2016年2月から水戸芸術館で行われる田中功起展のための映像作品への参加者を募集しています。詳細はリンク先でどうぞ。

▼新作「移動と共同体について(仮)」 撮影 参加者募集

田中功起展にて発表する映像作品の制作のため、6日間の滞在型ワークショップの参加者を募集します。ワークショップの様子はすべて映像・写真等で記録され、田中功起の作品として、水戸芸術館現代美術ギャラリーでの展覧会をはじめ、世界各地にて展示、上映される予定です。

book『巨大化する現代アートビジネス』
サムネイル:book『巨大化する現代アートビジネス』

3.53 book『巨大化する現代アートビジネス』

書籍『巨大化する現代アートビジネス』がamazonで発売されています

書籍『巨大化する現代アートビジネス』がamazonで発売されています。

約7兆6200億円規模のアート業界を動かしている「100人」とは?
人気アーティストはいかに生みだされるのか?
億万長者はなぜアートに大金をつぎこむのか?
アートにどのように値段がつくのか?

リーマン・ショックもなんのその、世界最大の近・現代アートの見本市「アート・バーゼル」の売上規模は4日間で数百億円。ジェフ・クーンズの作品1点に60億円近い値がつくなど、現代アートの落札額は高値を更新しつづけている。バーゼル、ヴェネチア、NY、ロンドン、パリ、ベルリン、マイアミ、上海を総力取材! 画商・ギャラリスト、競売人、学芸員、投資家、セレブ、コレクター、ジャーナリスト……アート界を牛耳る「100人」の思惑が入り乱れる〝アートの現場”に果敢に斬りこむノンフィクション!

中国とアメリカが80%近くを占める現代アートの競売市場で日本は1%未満…日本はなぜ立ち遅れたのか? 「アート界の構造」を知れば、その理由が見えてくる。

巨大化する現代アートビジネス
ダニエル グラネ カトリーヌ ラムール 宮津 大輔 Dani`ele Granet
4314011300

デザイナーの柳原照弘のインタビュー「状況をデザインし、好循環を生みだす」

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。