アンサンブル・スタジオが、アメリカ・モンタナ州の自然の中に作られる「ティペット・ライズ・アート・センター」のためのアートワークの動画

206.73 アンサンブル・スタジオが、アメリカ・モンタナ州の自然の中に作られる「ティペット・ライズ・アート・センター」のためのアートワークの動画

アンサンブル・スタジオが、アメリカ・モンタナ州の自然の中に作られる「ティペット・ライズ・アート・センター」のためのアートワークの動画です。アンサンブル・スタジオは、以前に、このアートワークの模型を作っている様子をyoutubeで発信していました

長谷川逸子が、御茶ノ水の元アトリエ(BYハウス)を改装し、ギャラリー「gallery IHA」をオープン

1,933.26 長谷川逸子が、御茶ノ水の元アトリエ(BYハウス)を改装し、ギャラリー「gallery IHA」をオープン

長谷川逸子が、御茶ノ水の元アトリエ(BYハウス)を改装し、ギャラリー「gallery IHA」をオープンさせたそうです

長谷川逸子が、御茶ノ水の元アトリエ(BYハウス)を改装し、ギャラリー「gallery IHA」をオープンさせたそうです。リンク先は、ギャラリーのfacebookページです。BYハウスは、長谷川が1985年に完成させたオフィスビルです。写真はこちらなどに

遠藤秀平・五十嵐太郎らによる、世界中の建築のミニチュアを400以上集めて展示している「みんなの建築ミニチュア展」が、港区北青山で開催 [-2016/6/10]

2,378.69 遠藤秀平・五十嵐太郎らによる、世界中の建築のミニチュアを400以上集めて展示している「みんなの建築ミニチュア展」が、港区北青山で開催 [-2016/6/10]

遠藤秀平・五十嵐太郎らによる、世界中の建築のミニチュアを400以上集めて展示している「みんなの建築ミニチュア展」が、港区北青山で開催されています

遠藤秀平・五十嵐太郎らによる、世界中の建築のミニチュアを400以上集めて展示している「みんなの建築ミニチュア展」が、港区北青山で開催されています。会期は、2016年6月10日まで。場所はオリエ・ギャラリーです。

三分一博志への、カーサブルータスによるインタビュー記事 手塚貴晴+手塚由比 / 手塚建築研究所による、「熊本地震支援ふじようちえんチャリティー見学会」の義援金についての報告

604.21 手塚貴晴+手塚由比 / 手塚建築研究所による、「熊本地震支援ふじようちえんチャリティー見学会」の義援金についての報告

手塚貴晴+手塚由比 / 手塚建築研究所のウェブサイトに、「熊本地震支援ふじようちえんチャリティー見学会」の義援金についての報告が掲載されています(PDF)

手塚貴晴+手塚由比 / 手塚建築研究所のウェブサイトに、「熊本地震支援ふじようちえんチャリティー見学会」の義援金についての報告が掲載されています。約50万円が集まり、日本赤十字社に寄付されたとのことです。
手塚事務所は、以前より、内覧会をチャリティー見学会として行っています。

[ap job 更新] 新居千秋都市建築設計が、新規スタッフ・アルバイトを募集中
サムネイル:[ap job 更新] 新居千秋都市建築設計が、新規スタッフ・アルバイトを募集中

ap job [ap job 更新] 新居千秋都市建築設計が、新規スタッフ・アルバイトを募集中

job-468px-mijikai

01リアスホール外観

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

新居千秋都市建築設計の、新規スタッフ・アルバイト募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

私達は今までに数多くの公共施設の設計に取り組んできました。どの地域に対してもきめ細かい設計をし、数々の賞、社会的評価を頂いています。大規模の建築、公共的に意義のある建築、大手ディベロッパーとの都市、住宅づくりを行っています。
また、一昨年、金沢21世紀美術館で開催され、昨年は水戸芸術館でも開催された、「3.11以後の建築展」に出展しました。私達が続けてきた、ワークショップでのつくり方を展示しました。本も出版されていますので、是非ご覧になってください。また、UIAでの講演会をまとめた、3.11とグローカルデザイン(鹿島出版会)にも、私達の設計への取り組み方が掲載されています。合わせてご覧ください。
私達の事務所はこれまでに公共建築を36個、全てコンペで勝ち取ってきました。また、27の集合住宅、7の独立住宅をつくってきました。独立住宅は、原則的にどうしても私達につくってもらいたいという人しか受けません。このように、コンペが得意だという人、大きな規模の公共建築をやってみたい人に向いていると思います。又、時には大手設計事務所とコラボレーションすることもあります。そういう少し変わった経験をしたい人にも良いかもしれません。そして、そのような経験を通して、大学で教えてみたいという人にも向いています。何人かの私達の事務所の卒業生は現在大学で教えています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。