ザハ・ハディド・デザインによる、自身の近作建築に着想を得てデザインされたカーペットの写真

555.08 ザハ・ハディド・デザインによる、自身の近作建築に着想を得てデザインされたカーペットの写真

ザハ・ハディド・デザインによる、自身の近作建築に着想を得てデザインされたカーペットの写真が6枚、dezeenに掲載されています。

レゴで再現された、アップル社の新社屋「アップルパーク」の写真

934.12 レゴで再現された、アップル社の新社屋「アップルパーク」の写真

レゴで再現された、アップル社の新社屋「アップルパーク」の写真が16枚、dezeenに掲載されています。実際の建物の設計はフォスター&パートナーズが手掛けています。

サージソン・ベイツのジョナサン・サージソンよるレクチャー「住宅を再考する」が京都で開催

595.56 サージソン・ベイツのジョナサン・サージソンよるレクチャー「住宅を再考する」が京都で開催

日程

サージソン・ベイツのジョナサン・サージソンよるレクチャー「住宅を再考する」が京都の京都工芸繊維大学で開催されます。開催日は2018年10月11日。彼らは、近年ベルギーに開設されるポンピドゥーセンター分館のコンペに勝利するなどしています(NOA・EM2Nと共同設計)。

今回のレクチャーでは、私たちの建築的実践において住宅が果たしてきた重要な役割について考える。私たちは25年以上ものあいだ、ヨーロッパのコンテクストや広域な都市の状況のなかで住宅が果たしてきた役割と、現代住宅を建設することの意味について研究してきた。それらの成果は、絶えず進化するニーズについて思索し、住むことに特有の方法を押し付けるのではなく、生活をサポートする環境をつくるべきだという責任を私たちに思い起こさせた。いくつものプロジェクトに言及しながら、私たちがこのようなテーマや課題についてどのように探求してきたかを紹介する。

ジョナサン・サージソン 公開講演会
住宅を再考する – A Reflection on Ideas of Housing

日時|2018年10月11日[木] 18:00-20:00
会場|京都工芸繊維大学60周年記念館1F記念ホール
講師|ジョナサン・サージソン [Sergison Bates architects]
定員|100名(当日先着順)
入場|無料(聴講自由)
主催|京都工芸繊維大学 KYOTO Design Lab

建築討論の2018年10月の特集「チャイニーズ・プレファブ ──量にコミットする建築家たち」が公開

879.86 建築討論の2018年10月の特集「チャイニーズ・プレファブ ──量にコミットする建築家たち」が公開

日本建築学会による、建築討論の2018年10月の特集「チャイニーズ・プレファブ ──量にコミットする建築家たち」が公開されています。

GDP世界第2位となって久しい中国だが、国全体が〈先進国〉となったわけでは決してない。その巨大な国土と膨大な人口、そして格差を助長するアンバランスな経済成長ゆえ、一部の大都市の外に出れば依然として〈開発途上国〉の情景と生活が広大に残っていることに気づく。〈城中村〉に代表されるように、都市の内側でもそうした〈開発途上〉の空間を見つけることは難しくないだろう。要するに、中国にはいまなお近代的な建築や居住環境を享受できていない人びとの層が分厚く存在しているのだ。

近年、こうした潜在的で切実な建築需要層にコミットしようとする建築家が現れてきている。彼らがそのための手立てとしているのが、〈プレファブリケーション〉の建築である。 中国語では「預製裝配式」と呼ばれるプレファブ建築は、簡単に言えば、工場で部材や空間ユニットをあらかじめ加工し(「預製」)、現場でそれを組み立てる(「裝配」)、という手続きでつくられる。現在の中国では大半の建築物が現場打ちの鉄筋コンクリート造で建てられているのだが、新たに登場した建築家たちは、こうした生産方式から距離をとり、軽量鉄骨や木質パネルなどによるプレファブ建築の生産方法を独自に開発し、運用している。そうして建設コストを下げ、品質を安定させ、建築を切実に求める人びとの層により素早く、かつ合理的に提供しようと試みているのである。

フォスター&パートナーズのオフィスを訪問して、その様子やフォスターのインタビューも収録されている動画 岡野道子建築設計事務所による、宮城・仙台市の住宅「宮城野の家」

3,571.13 岡野道子建築設計事務所による、宮城・仙台市の住宅「宮城野の家」

岡野道子建築設計事務所による、宮城・仙台市の住宅「宮城野の家」 photo©中村絵

岡野道子建築設計事務所が設計した、宮城・仙台市の住宅「宮城野の家」です。

光を溜める家
敷地は将来的に計画道路に面する土地で、近隣は新たに刷新されつつある住宅が密集している。家族3人(夫婦+父親)の為の住宅。周囲は2階建ての住宅が建ち並び日照を得にくいため、2階部分を周囲からセットバックして光を取り入れる。白い空間が光を溜め、吹き抜けを介して1階へと光を注ぎ込む。1階のキッチン、リビング、和室、寝室は、中央のコアの廻りにコの字型のひとつながりの空間のため、光が回り込む。プライベートな空間に近づくにつれ屋根高さが低くなり奥性が生まれている。
登り梁が中央のコア廻りの高さの変化する梁に向かって架け渡されているため、屋根面そのものは3次曲面となっている。
雲の流れによって穏やかに室内の明るさが変化し、自然との間のグラデーショナルな緩衝空間が生まれた。
(岡野道子)

渡辺隆建築設計事務所による、静岡・磐田市の、プロサッカークラブ・ジュビロ磐田のための施設「Jubilo Clubhouse・Athlete Center」

3,968.61 渡辺隆建築設計事務所による、静岡・磐田市の、プロサッカークラブ・ジュビロ磐田のための施設「Jubilo Clubhouse・Athlete Center」

渡辺隆建築設計事務所による、静岡・磐田市の、プロサッカークラブ・ジュビロ磐田のための施設「Jubilo Clubhouse・Athlete Center」 写真提供:渡辺隆建築設計事務所

渡辺隆建築設計事務所が設計した、静岡・磐田市の、プロサッカークラブ・ジュビロ磐田のための施設「Jubilo Clubhouse・Athlete Center」です。

「Jubilo Clubhouse・Athlete Center」は、ユース選手など育成世代のトレーニング・宿泊のための施設です。計画地は、豊かな自然に囲まれたジュビロ磐田のトップチームのメイン練習場とクラブハウスがあるヤマハ大久保グラウンド内。ここにはトップチームの施設のほかにラグビーチームのクラブハウスと練習グラウンドがあり、市営のサッカー場「スポーツ交流の里・ゆめりあ」も隣接する、トップチームを目指す若手選手がさまざまに学びながらサッカーに没頭することができる最適な環境です。

【ap job更新】 矢野青山建築設計事務所が、愛媛事務所移転に伴い正社員・アルバイト・オープンデスクを募集中

ap job 【ap job更新】 矢野青山建築設計事務所が、愛媛事務所移転に伴い正社員・アルバイト・オープンデスクを募集中

【ap job更新】 矢野青山建築設計事務所が、愛媛事務所移転に伴い正社員・アルバイト・オープンデスクを募集中
【ap job更新】 矢野青山建築設計事務所が、愛媛事務所移転に伴い正社員・アルバイト・オープンデスクを募集中

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

矢野青山建築設計事務所の、愛媛事務所移転に伴う正社員・アルバイト・オープンデスク募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

矢野青山建築設計事務所では、愛媛事務所移転に伴い正社員・アルバイト・オープンデスクを募集します。

弊社は東京と愛媛に拠点を持ち、戸建て住宅及び集合住宅から商業施設や公共施設まで幅広いプロジェクトを、都市との関係から家具の選定まで総合的に設計を行います。
地方では建築設計の職能を少し拡大するだけで様々な機会に巡り合います。代表である矢野の地元の愛媛の拠点を活かして、設計前の構想段階から、デザインだけでなくプログラム提案から関わって設計活動を行っています。
設計方針は実際の建物が豊かに使われることを重視しており、共に仕事をしていく仲間にはコミュニケーション能力を第一に求めています。
小さな事務所の為、設計作業だけでなく、打ち合わせやプレゼンテーション等仕事全般に関わって頂きます。
検討手法として模型や手描きパース・3D等、様々用いますので、特技を活かしながら幅広く学べる事務所です。
一級建築士取得へのサポートも行います。
愛媛県松山市はコンパクトな街で温泉も多く、人も気候も暖かい過ごしやすい地域です。
何事にも興味を持って楽しく働ける方のご応募をお待ちしています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。