久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・バンコクの住宅を改修したヘアサロン「Rikyu by boy Tokyo」

17,305.88 久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・バンコクの住宅を改修したヘアサロン「Rikyu by boy Tokyo」

久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・バンコクの住宅を改修したヘアサロン「Rikyu by boy Tokyo」 photo©Thanawatchu Creative Production Co., Ltd.
久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・バンコクの住宅を改修したヘアサロン「Rikyu by boy Tokyo」 photo©Thanawatchu Creative Production Co., Ltd.

久米貴大+チャンヴィタン・ワタンヤ / Bangkok Tokyo Architectureによる、タイ・バンコクの住宅を改修したヘアサロン「Rikyu by boy Tokyo」です。

間に建つ

この建築は都市の中心に位置し、高層マンションが建ち並ぶ街区の中に取り残されたように建っていた住宅をヘアサロンに改修したものである。
既存建物は緑豊かな庭の中に建つ、三世帯の家族が住む二階建ての住宅であった。この計画が始まったとき、たくさんの部屋を解体し、建物を輪郭に戻すことで豊かな環境の間にもう一度建築を位置付け直すことを考えた。

基本的な構成は中央に二階建てのコアがあり、その周りに大きな屋根をかけ、軒下のような一階部分が取り付くワンルーム空間である。一階部分の屋根は全て新しくかけ直している。また、一階部分の外壁は既存の構造からオフセットするように増築している。屋根と外壁、既存部分はそれぞれ隙間を作りながら開いた輪郭を形作っている。隙間からはたくさんの光や緑豊かな風景が入り込み、鏡と床に反射して、内部は常に外部と同じくらい明るい。また開口部は新設、既存利用、前店舗から移設したものが混在している。様々な時間・意味とズレをもつ複雑な外形はワンルームの内部に多様な場所を作り出す。

異なる環境の間に建築を位置付けることで、それぞれが相互に補完し合うものとして同時に存在するための媒介としての建築を目指した。

隈研吾による、京都のドーナツ店「koé donuts」の写真

748.05 隈研吾による、京都のドーナツ店「koé donuts」の写真

隈研吾のウェブサイトに、京都のドーナツ店「koé donuts」の写真が10枚掲載されています。お店のウェブサイトはこちら

京都を代表するアーケード、新京極通りに沿って建つ、「和」をテーマにした体験型のドーナツファクトリー。
「地産地消」の考え方を空間にも展開し、京都嵐山の竹を用いて、柔らかで、心を癒す「竹の洞窟」を創造した。
京都の竹細工師「竹定商店」とコラボし、伝統的な六つ目編みの技術で作った竹籠572個を、特別に開発したフレキシブルジョイントで、下地に取り付けることで、自然の洞窟のようなランダムネスを持つ「竹の洞窟」が出来上がった。

隈研吾による、フランス・パリの、ファッションデザイナー高田賢三の自邸を新しいオーナーの為に改修したプロジェクト「KENZO HOUSE」の写真

761.55 隈研吾による、フランス・パリの、ファッションデザイナー高田賢三の自邸を新しいオーナーの為に改修したプロジェクト「KENZO HOUSE」の写真

隈研吾のウェブサイトに、フランス・パリの、ファッションデザイナー高田賢三の自邸を新しいオーナーの為に改修したプロジェクト「KENZO HOUSE」の写真が6枚掲載されています。

ファッションデザイナー高田賢三のパリの自邸を、フランス人の企業家のための住宅+レストランへと改造した。
KENZOは錦鯉が泳ぐ池の中に飛び石を打った美しい日本庭園を作ることでパリの中に別世界をつくりあげた。われわれはこの庭を中心として、あらゆる空間から庭が見られるように空間を透明化して再編成した。木と土を用いて家全体のテクスチャーをよりやわらかく暖かいものへと作り変え、土壁はパリ在住の左官職人ESの力を借りた。
KENZOが中庭に面して作ったプールは彼の熱帯へのパッションの象徴であったが、われわれはパリの気候を考慮して、このプールを木と格子でできたEngawa空間(In between space)へと転換した。

【ap job更新】 フリーダムアーキテクツが、建築意匠設計スタッフを募集中

ap job 【ap job更新】 フリーダムアーキテクツが、建築意匠設計スタッフを募集中

【ap job更新】 フリーダムアーキテクツが、建築意匠設計スタッフを募集中
【ap job更新】 フリーダムアーキテクツが、建築意匠設計スタッフを募集中環(めぐる)家

 
アーキテクチャーフォトジョブボードに新しい情報が追加されました

フリーダムアーキテクツの、建築意匠設計スタッフ募集のお知らせです。詳しくは、ジョブボードの当該ページにてご確認ください。アーキテクチャーフォトジョブボードには、その他にも、色々な事務所の求人情報が掲載されています。
新規の求人の投稿はこちらからお気軽にお問い合わせください

フリーダムアーキテクツは住宅設計件数年間400棟という業界トップクラスの実績を誇る設計事務所です。
「日本の家づくりをお客様本位のものへ」という理念の下、注文住宅の建築意匠設計を行っております。

この度、事業拡大により建築意匠設計スタッフを若干名募集しております。

【フリーダムアーキテクツの3つの『イイトコドリ』】
1.『自由設計ができる環境』
設計者自らがお客様と打合せを行い、お引渡しまで全てに関わることができます。
打合せにはコンサルタントが同席し、設計以外の業務のサポートをしてくれます。
設計者は、自分の裁量で動き自由な提案をしていただけます。

2.『設計者として成長できる環境』
共に働く160名の設計者とナレッジを共有し、新しいスキルを得ることができます。
実務の中で成長できるのは勿論、独自の研修プログラムの環境も整っている為、確実に設計者として実績を積むことができます。

3.『安定して働ける環境』
多忙になりがちな設計者の、働く環境の改善にも力を入れております。
22時には完全退社を義務化しており、徹夜作業などが発生しないように努めています。休日は完全週休2日制で家族との時間やプライベートの時間も充実できます。
また、若手でも能力によって評価される制度があり安定して長く働いていただけます。

規格化された図面を描くことに違和感を持っている方や、設計を一生の仕事にしたい方、ご応募をお待ちしております!

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。