鈴木俊彦 / SQOOL一級建築士事務所による、兵庫・宝塚市の、既存倉庫を改修した陶芸アトリエ「崖のアジト」

2,204.13 鈴木俊彦 / SQOOL一級建築士事務所による、兵庫・宝塚市の、既存倉庫を改修した陶芸アトリエ「崖のアジト」

鈴木俊彦 / SQOOL一級建築士事務所による、兵庫・宝塚市の、既存倉庫を改修した陶芸アトリエ「崖のアジト」 photo©笹の倉舎 / 笹倉洋平

鈴木俊彦 / SQOOL一級建築士事務所による、兵庫・宝塚市の、既存倉庫を改修した陶芸アトリエ「崖のアジト」です。

宝塚市清荒神の斜面地にある築50年の倉庫を、クライアントの趣味である陶芸の場にしたリノベーション。

住居となる隣の母屋の改修に大半の費用を費やしたため、如何にローコストで陶芸に相応しい場を創るかがポイントになった。

まず当時の壁、天井等の仕上げ要素を徹底的に引き算することにした。その結果50年前の造成、建築構造が露わとなり、造成と仕上げの狭間に隠されていた三角形断面の空間が発掘され、場に広がりが生まれた。

建築家によるテキストより
加藤卓也+木部真宏 / S&Dの施工による、東京・中野区の住戸「K邸リノベーション」

5,881.24 加藤卓也+木部真宏 / S&Dの施工による、東京・中野区の住戸「K邸リノベーション」

加藤卓也+木部真宏 / S&Dの施工による、東京・中野区の住戸「K邸リノベーション」 photo©Shinji Yagi

加藤卓也+木部真宏 / S&Dの施工による、東京・中野区の住戸「K邸リノベーション」です。

この建物に設計者はいない。

施工管理職に従事する施主自らが建築仲間達と共に作り上げた当プロジェクトは、施工性と居住性(快適性)に重点を置き内観を決定した。

施工部材は一人でも作業できるモジュールとし、改修工事特有の既存躯体合わせの寸法に対して柔軟に対応できるよう考慮した。

建築家によるテキストより
ヴァレリオ・オルジアティスタジオの学生作品を紹介するインスタグラムアカウント「Students of VALERIO OLGIATI」が開設

589.37 ヴァレリオ・オルジアティスタジオの学生作品を紹介するインスタグラムアカウント「Students of VALERIO OLGIATI」が開設

ヴァレリオ・オルジアティ スタジオの学生作品を紹介するインスタグラムアカウント「Students of VALERIO OLGIATI」が開設されています。オルジアティは、スイスのメンドリジオ建築アカデミーにて教鞭をとっています

Fumito Ganryuを立ち上げたファッションデザイナー・丸龍文人へのインタビュー「混沌の残り香」

254.67 Fumito Ganryuを立ち上げたファッションデザイナー・丸龍文人へのインタビュー「混沌の残り香」

Fumito Ganryuを立ち上げたファッションデザイナー・丸龍文人へのインタビュー「混沌の残り香」がSSENSEに掲載されています。

Subscribe and Follow

公式アカウントをフォローして、
見逃せない建築情報を受け取ろう。

「建築と社会の関係を視覚化する」メディア、アーキテクチャーフォトの公式アカウントです。
様々な切り口による複眼的視点で建築に関する情報を最速でお届けします。

  • 情報募集建築・デザイン・アートの情報を随時募集しています。
  • メールマガジン メールマガジンで最新の情報を配信しています。